ふらり京都、旅して日本 哲学の道、冬

哲学の道、冬

京都盆地の東にそびえる大文字山哲学 047

  





その麓を流れる琵琶湖疏水・北分流に沿う、石の敷かれた道が「哲学の道」 
昭和時代初期、哲学を専門とする京大教授の西田先生が好んで歩いた道。  哲学 039  


ツバキが夕陽を浴びて輝いています。哲学 055 


哲学 056 


さて、「哲学」って、何のことなのでしょう?

調べてみると、「世界・人生などの根本原理を追求する学問」とか載ってましたが、
余計にわからなくなりますね。

まあ「人はなぜ生きているのか」「どのように生きるべきなのか」などを考えることでしょうか。



哲学 073 

ミツマタのつぼみ。3月には黄色い花をさかせます。
哲学 075




「命」っていうもの自体が、不思議ですよね。
ふつう、命が自然に発生することはありません。
命は必ず命から生まれます。

でも、生物学的には30億年前に最初の命が地球上に自然に発生し、
それが今の全生物に引き継がれているとされています。

他にも自然発生した命はなかったのでしょうか?
それとも他の命は競争に負けていなくなったのでしょうか?



哲学 123 




太陽エネルギーは光合成によって植物によって有機物として蓄えられ、
それを動物が食べ、命を終えると細菌に分解されて自然に戻ります。
こうやって地球上の生物は循環しながら生き続けてきました。


私が思うに、人類がこれからも長く生き続けるためには、自然に逆らわないことですね。


目の前の欲のために便利な工業製品を作ろうとか、エネルギーを得ようとかすると、
この循環がうまくいかなくなり、地球上に住めなくなるかもしれません。



哲学 097  




時間がいつからはじまったのか?宇宙の果ての向こうにはなにがあるのか?
哲学 060  


この世には、誰にも分からないことがいっぱいです。
その中でせっかく命を授かっているのですから、有意義に生きていきたいです♪
 哲学 064  

人気ブログランキングへ 

 

関連記事
スポンサーサイト

京都人気ブログランキング
07:21 | 叡電 出町柳・元田中 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
二ノ瀬、冬 | top | 鴨川のユリカモメ

Comments

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: さん | 2012/02/27 13:28 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: さん | 2012/02/27 13:25 | URL [編集] | page top↑
#
椿の枝ぶり見事ですね。
 哲学の道歩いて、いろんなこと考えられたのですね。
by: 勾玉さん | 2012/02/03 20:26 | URL [編集] | page top↑
# アフィリエイトのご案内
ネットでお小遣い稼ぎ、しませんか?

誰でも簡単、何もせずに毎月お小遣いがゲットできるチャンス。
しかも報酬額がどんどん積みあがっていく方法です。

初心者の方にこそおススメしたい新しいカタチの稼ぎ方、
詳しくは「A9ドッと混む」で! →https://www.affiliate-a9.com/
by: A9ドッと混む事務局さん | 2012/02/01 14:43 | URL [編集] | page top↑
# こんにちは
まさにふらりさんの哲学の世界ですね・・・。

私も京都へはふらりと独りで行く事が殆どですが、
無意識にも哲学している感じかもしれません。

by: 玉鬘◆たまかずらさん | 2012/01/26 15:08 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: さん | 2012/01/26 12:06 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/930-b297e10c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)