ふらり京都、旅して日本 小野小町ゆかりの梅
FC2ブログ

小野小町ゆかりの梅

小野駅の「小野」は「小野小町」の「小野」です。
20070307181118.jpg

  
京都市営地下鉄東西線・小野駅。JR山科駅より3.5㌔南にあります。
20070307175905.jpg

東西線はホームに落ちないよう透明の壁があり、車両の撮影はできません。
20070307175916.jpg

改札をでます。「小野小町」の「小野」です
20070307175928.jpg

聖徳太子に仕えた小野妹子の家系である小野氏が、このあたりを居住地としていました。
20070307175941.jpg


にほんブログ村 鉄道ブログへ 
鉄道ブログランキングに投票いただける方は、この「鉄道ブログ」のバナーを押してください。
おかげさまで、かなり上位にランクしていただいています。

駅から5分ほど東へ歩くと、随心院があります。
20070307175955.jpg

小野氏の一族である小野小町が、30才を過ぎ宮仕えをやめてから過ごした屋敷の跡に、建てられました。
20070307180939.jpg

寺内に大きな梅苑があります。
20070307180009.jpg

いろんな説がありますが、小野小町は平安時代の初めの815年頃、出羽(秋田県)の国司の子として生まれ、子供のころ京都へ移ったそうです。 大人になると宮中の女官として、仁明天皇に仕えました。
20070307180610.jpg

きれいで、微笑むだけで、まわりの大勢の人が和んだそうです。
20070307180414.jpg

和歌も上手でした。
20070307180814.jpg


随心院http://www.zuishinin.or.jp/
小野小町http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%87%8E%E5%B0%8F%E7%94%BA

随心院は小野小町がなくなった約100年後の991年、小町の屋敷跡に建てられました。
20070307181053.jpg
真言宗のお寺です。

本堂に入ると小町の屏風
20070307181118.jpg


小町の歌碑
20070307181031.jpg

深草少将のお話
20070307183654.jpg

小町は仁明天皇に仕える女官でしたが、天皇が亡くなると宮仕えを辞め、ここに住みました。30才の頃でした。
20070307180953.jpg


小町を慕う深草少将という方が、会いたいと思っても小町は会おうとしません。
20070307180924.jpg


20070307181002.jpg

毎日通うと言って、その証として、かやの木の実を家の前に置きました。
20070307180756.jpg


20070307180742.jpg

それから毎日毎日遠い道のりを通い、家の前にかやの木の実を置きました。 20070307180439.jpg


20070307181011.jpg


しかし九十九日目、病気になり、あまりの寒さもあって、木の実を握りしめたまま息絶えました。
20070307180455.jpg
小町は宮仕えをやめたあと、全国を旅したと言われています。だから日本中に小町伝説が残ります。

小野・醍醐付近のyahoo地図http://map.yahoo.co.jp/beta/?m=map&sc=3&lat=34/57/19.498&lon=135/49/1.635

関連記事
スポンサーサイト



人気ブログランキング→ここをクリック
22:48 | 地下鉄 東野・椥辻・小野 | comments (11) | trackbacks (0) | edit | page top↑
醍醐・朱雀天皇陵 | top | 京福・嵐山線、西院車庫

Comments

# 梅が美しいですね
小野小町にちなんだ梅とは素敵ですね。
青森では桜も梅も水仙も同じ時期に咲きます。
弘前城の桜は必見です。是非見に来てください。
私も京都は1年に2~3回所用があって訪れますが、花の季節ではないのが残念です。
by: 青森風土記さん | 2007/03/10 22:38 | URL [編集] | page top↑
#
きれいな梅の花ですね。
すごく景色がきれい!
桜の満開の風景は見ることはありますが、
梅の満開の景色はなかなかお目にかかれないんです。

堪能させていただきました~★
by: 実花さん | 2007/03/10 00:09 | URL [編集] | page top↑
# 随心院
こんばんは。
地下鉄東西線の小野駅ってすごくキレイなんですね。
私、よく考えたら山科方面はまだ未踏の地でした。
「はねず踊り」で有名な随心院のことは知っていましたが
まだ実際に訪れたことはありません。
京都ふらりさんの2つの記事で随心院のことがよく分かりました^^
こちらの梅も見ごたえ十分なほど咲いてましたね。
梅と小町にポチッ!(笑)
by: 道舟さん | 2007/03/09 23:16 | URL [編集] | page top↑
#
今晩は!
やはり京都ですね、
梅素晴らしいです、もうすぐ、桜の時期になりますね
桜と一緒に人も
満開になるのでしょうか。
by: キラ・キラリさん | 2007/03/08 22:49 | URL [編集] | page top↑
#
ホームに落ちないように配慮されてるのが凄いですね。
お寺の梅も紅梅が多く華やかです、ポチ。
by: つじさん | 2007/03/08 22:40 | URL [編集] | page top↑
# こんにちは(^^)
コメントありがとうございました
京都の地下鉄風景
懐かしい~(*´艸`)
この駅ではないのですけどね(^^;
電車とホームの間に仕切りがあるあの風景がとても懐かしく思いました
梅も綺麗ですね~vvv
全体の様子が圧倒されました
また大阪に帰る時、タイミングあえば見に行って見たいなぁ(^^)
ポチ!
by: 狐丸さん | 2007/03/08 21:58 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは。京都は、寺院も多い分、桜や梅などの花木も多いですね。
特に、お天気が良いと、鉄道に乗って、アチコチお花見楽しみですね。♪(^-^)
by: KYさん | 2007/03/08 21:52 | URL [編集] | page top↑
#
梅は今が盛りですね。美しい!!
小野小町と小野妹子が関連があるとは、やはりというか、今まで知りませんでしたね。京都は素敵なところがまだまだたくさんありますね。ポチ。
by: jokerさん | 2007/03/08 21:40 | URL [編集] | page top↑
# 見ごたえのある梅ですね
素晴らしい梅の風景ですね。
外国の人もたくさん見に来られるでしょうか?
京都近郊は見所がたくさんありそうでいいですね。

いつか行きたい梅の園、ポチ入れました。
by: 加須・羽生・大利根通信さん | 2007/03/08 21:24 | URL [編集] | page top↑
#
見事な梅ですね!
ところで、かつて長期出張で京都周辺を歩いたときに地下鉄東西線に乗りました。
東京にも、同じ名称の地下鉄がありますので、ちょっと錯覚したような記憶があります。
人気ランキングのクリックしておきました!
by: letasuさん | 2007/03/08 19:42 | URL [編集] | page top↑
# 綺麗いな梅ですね
小野小町のように綺麗に咲き誇る梅の花ですね!
東京にも「地下鉄東西線」がありますが、こちらの東西線とは別会社でしょうか?同じ営団地下鉄?しかしちょっと前に「東京メトロ」と社名が変わったのでやはり別会社?

東京出身の私は関西に行く機会が少なく(多分、修学旅行以来行っていないです)鉄道、その他交通網はまったく分りません。こんな素敵な場所も知りませんでした。そのうち行ってみようとおもいます!
by: NANAOさん | 2007/03/08 06:48 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/81-94a103cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)