ふらり京都、旅して日本 大和郡山

大和郡山

奈良県、大和郡山市の郡山(こおりやま)城跡大和郡山矢田寺 129

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だんだんと暑くなってきましたが、

6月4日は奈良県の大和郡山へ行ってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近鉄、郡山駅。京都から急行で50分程度。大和郡山矢田寺 007 

ここは戦国時代からの城下町で、人口は9万。
奈良時代の平城京の西南端あたりに位置します。東大寺がある奈良市の中心からは5km程。
大和郡山矢田寺 006 

城の外堀沿いに近鉄
大和郡山矢田寺 183 

金魚の生産は日本一。
大和郡山矢田寺 180 


大和郡山へは、7年前、自動車で通りがかったことがありますが、
広い田んぼの中をドライブしているといつのまにか町が現れ、
あっという間に通り過ぎたって感じでしたね。
でも金魚の卸屋に立ち寄ったのを覚えています。

今回は電車で来て、徒歩と路線バスで回りましたが、全然雰囲気が違って、
すごく大きい町の感じがします。不思議ですね~




powered by 地図Z


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お城の門
大和郡山矢田寺 175   


大和郡山矢田寺 139


堀が3重になっています。外堀、中堀、内堀とでも言うのかな?
大和郡山矢田寺 141 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大和国(今の奈良県)は、東大寺や興福寺などの力が強く、
鎌倉、室町時代も幕府の守護が置かれることはありませんでしたが、
戦国時代になって信長の家臣、筒井順慶が大和国を統一、ここに城を築きました。


その後、いろいろ大名が代わり、
江戸時代中期、甲斐の国、甲府の城主だった柳沢吉里が、
幕府の命令でここへ入城、 その後柳沢家が藩主を勤めました。

(享保の改革で、幕府の財力を増すために、甲府は天領《幕府領》になったとのこと)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お城の中心部にある柳沢吉里の父、吉保を祀る神社。吉保は5代将軍綱吉の重臣だったそうです。
 大和郡山矢田寺 158 
 
神社の横を通って、最後に石垣を登れば、  
大和郡山矢田寺 160
  

天守閣跡。今は石碑だけ。
大和郡山矢田寺 163  

でも眺めは抜群。あの山の麓あたりが東大寺かな?
大和郡山矢田寺 164 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは夕陽の城下町
大和郡山矢田寺 192 


大和郡山、なかなか懐かしい感じのする町ですね。

奈良の他の町も訪れてみたくなりました。


大和郡山矢田寺 194 
私はこれからもこうやって散歩ができれば、一生笑って暮らせそうです♪

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

京都人気ブログランキング
20:57 | 奈良 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
あじさいの矢田寺 | top | 将軍塚、京都の町

Comments

#
奈良にもステキな場所がまだまだたくさんありそうですね。
私は親戚のいる天理にしか行ったことがないので
隣県なのに奈良って知らないことだらけです(汗)
夕暮れ時の城下町って、また風情があって良いですね。
何だかこの町には独特のゆったりとした時間が流れて
いそうでいいなあ。
by: みおさん | 2010/06/10 12:28 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/776-e66f3047
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)