ふらり京都、旅して日本 大堰川と大悲閣

大堰川と大悲閣

渡月橋からみた桂川の上流。このあたりは大堰川(おおいがわ)と呼ばれます。御所嵐山桜2010 158
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

桂川の渡月橋より上流付近を、大堰川(おおいがわ)と呼びます。そのもっと上流は保津川。

先週、嵐山へ桜を見に行った時、大堰川の南側を歩いてみました。

御所嵐山桜2010 164 



北側はよく通りますが、南側は20年ぶり。あのときはバイクでしたから歩くのは初めて。




800m程歩いて振りかえると、もう渡月橋は見えません。
御所嵐山桜2010 177 

さらに200m程行くと岩場。
御所嵐山桜2010 180 

かと思うと、川下りの舟。
御所嵐山桜2010 225 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さらに100mで大悲閣・千光寺
御所嵐山桜2010 187   



大堰川(桂川)は京都と丹波・山陰を結ぶ川なのですが、

昔は舟が通れなくて、荷物は人や馬で山を越えて運びました。


そこで角倉了以(すみのくら・りょうい1554~1614年)という京都の大富豪商人が、

江戸時代のはじめに、巨額の費用を出し、工事を仕切って舟を通れるようにしました。


大きな岩は火薬で爆破し、浅いところは人の手で掘ったそうです。

このお寺はその工事で亡くなった人たちを弔うために建てられました。


御所嵐山桜2010 188 



角倉了以は京都の町中へ高瀬川という運河をひいたりしたことでも有名。

小学校4年の社会科の授業の時に習ってからこの名は知っています。


御所嵐山桜2010 186 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

坂を上がって行きます。
御所嵐山桜2010 195  


さらに上には小さめのお堂。中には千手観音様と了以像。今も川を通る人達をお守りくださっています。
御所嵐山桜2010 200 

お堂の右横の十畳程の部屋が大悲閣。御所嵐山桜2010 201 


人々が集う部屋ですね。少し建物がゆがんでいるのがいい雰囲気。
御所嵐山桜2010 210 


でも眺めは最高。向こうに京都の町が見えます。
御所嵐山桜2010 203 



下の方に川も見えますね~

工事をした頃って、火薬以外は全て人力の時代ですから、大変なことで、

いまでなら青函トンネルや瀬戸大橋の工事に匹敵するのではないでしょうか。

多くの殉職者が出たのでしょう。

了以自身も晩年はここで隠棲したそうですが、

「大悲閣」と名付けた了以の心がわかるような気がします。


御所嵐山桜2010 213   御所嵐山桜2010 192



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、私たちが舟遊びをできるのも先人のおかげ。感謝感謝♪
御所嵐山桜2010 221
人気ブログランキングへ 

関連記事
スポンサーサイト

京都人気ブログランキング
19:39 | 阪急 嵐山・松尾・上桂 | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑
和歌山電鉄、貴志川線 | top | 高野山、奥の院

Comments

#
京都ふらりさん こんにちは~^^

大悲閣は、この工事で殉職なさった方々を
弔うためのお寺さんなのですね。。。
いやぁ。。。本当に 重機もない時代に
これだけの工事 相当な御苦労だったと思います。
最後のお写真 雰囲気が素敵ですね。。。
(∇〃)。o〇○ポワァーン♪
by: マリアさん | 2010/04/23 17:12 | URL [編集] | page top↑
#
嵐山と雨って不思議と似合っているように思います。
私が雨女なのかわからないのだけれど、いつも行くと
雨ばかりだったんです…(汗)

おっしゃる通り、こうして舟遊びが楽しめるのは多くの
先人さんのおかげですね。
いつも当たり前のコトが、実は一つ一つが全て
先人のおかげというのも改めてありがたいと
感じました。
by: みおさん | 2010/04/23 14:45 | URL [編集] | page top↑
# おはようございます
ここまで歩かれたのですね。
話には聞いておりましたが、拝見するのは初めてです。地元民なのにお恥ずかしい(^_^ ;)

静かな佇まいの意匠に角倉了以が込めた思いを感じます。こちらへは保津川下りの船頭さんなども参っておられるかもしれませんね。
素敵なご紹介でした。ありがとうございます。
by: AKIRAさん | 2010/04/23 09:42 | URL [編集] | page top↑
#
おはよー
ここの景色は、関東では長瀞というところの景色にそっくり
です(@。@”
川下りの舟までそっくりで、文章等見ないで写真だけだったら
長瀞って思っちゃいます(^-^*)
by: Angelさん | 2010/04/23 07:41 | URL [編集] | page top↑
#
嵐山はよく行ってるのに大悲閣はまだ訪れていません。これからの季節にはいいでしょうね~

雨でも川下りもたくさん乗船してますね~。
by: 京しんさん | 2010/04/22 17:35 | URL [編集] | page top↑
# こんにちは。
ここまで歩けるとは知りませんでした。
船が通る景色など、意外な絶景写真が
撮れそうですね。
by: 玉鬘(たまかずら)さん | 2010/04/21 10:37 | URL [編集] | page top↑
#
京都ふらりさん、こんにちわ。

さすがに京都嵐山。
桜の季節が終わっても実に魅力的な所ですね。

今年は嵐山での花見が楽しめなかっただけに
またふらっと行きたくなりました。

それに大悲閣下の料亭は私たち夫婦の
結婚披露宴をした場所。
今ではお店も新しく違うオーナーが営業しているみたいですが、
私たちにとっては思い出のところ。
感慨もひとしおですね。
by: 紫香楽 秀山さん | 2010/04/21 09:56 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/760-e923dfc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)