ふらり京都、旅して日本 春の稲荷山

春の稲荷山

稲荷山(いなりやま)からみた京都市内稲荷山桜 112
  

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寒さが和らいだと思えば、桜が本格的に咲き始めたようですね。

昨日、太秦の広隆寺の前を通った時も、門のなかで桜が咲いているのが見えました。

今週末から来週にかけてがピークですね。とても楽しみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてこれは27日の京阪電車、伏見稲荷駅
稲荷山桜 080

疏水の桜も咲き始めでした。
稲荷山桜 083

 

伏見稲荷は日本の稲荷神社の総本社。

稲荷神はもともとは穀物、食物の神ですが、そこから転じて産業の神とされます。


稲荷山桜 082

 稲荷山は、稲荷神が日本で初めて降りたった所とのことで、山全体が神社になっています。

この日は、生まれて初めて標高233mの頂上まで登ってみることにしました。


  

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

まずは神社の本殿の左を抜けて上って行きます。
稲荷山桜 086

稲荷神の使いはキツネさん。桜をバックになかなか凛々しいですね。
稲荷山桜 093 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どんどこ上って行きます。ところどころに茶店。
稲荷山桜 135 

山の中腹に池があるのが、とても神秘的。ここまでは今まで来たことがあります。
稲荷山桜 103 


 ここからは未知の世界。鳥居は頂上まで続きます。
稲荷山桜 126 

 

稲荷山桜 118 

やっと頂上の社に到着。 45分くらいかかったかな。
稲荷山桜 121

 

頂上近くからみた京都市内。爽快感が抜群。
いつも眺めるだけの稲荷山でしたが、頂上まで登って大満足でした♪
稲荷山桜 113

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

京都人気ブログランキング
18:39 | 京阪 伏見稲荷・深草 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
西陣、桜の立本寺 | top | 桜、墨染寺

Comments

#
伏見稲荷という文字を見ると反応します(笑)
頂上まで登られたんですね~。
小学生の頃、オリエンテーリングとして毎年
登っていた思い出があります。
あの中腹の池…近くに広場があったような…。
いつもその広場が集合場所だったんですよ~。
茶屋のおばちゃん達ががんばれ~って応援してくださり
毎年がんばっていたな~なんて。
春に登る稲荷山もとても気持ちが良さそうですね♪
by: みおさん | 2010/04/02 15:48 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは♪
頂上まで登られたのですね!!
さぞかし眺めが良かったことでしょう。
その昔、このあたりに友人が住んでいて、遊びに行くたびに上まで登った記憶があります。
中腹の池などは忘れてましたが、、

今回はこちらの記事で少し思い出に浸ることができました。ありがとうございます。
桜も綺麗ですね。
by: AKIRAさん | 2010/04/02 02:35 | URL [編集] | page top↑
#
ふらりさん、コメはいいですよ。
削除はいつでも削除できます、
おいときます。
4月1日ですからね~(笑)

あれがホンマなら凄いな~と半分信じてましたよ。

おりゃー私の故郷「伏見」・・・?
もう2日ですから、嘘は言えないね~親戚がこちらばかりで故郷みたいなもんです。

頂上まで上ったんですね~45分なら早いんと思いますね~

私は何回も伏見稲荷さんは行ってますが上がったこと一度もなし。

いつか・・・・いつやら(苦笑)

すずめさんは? あんなんよう食べられまへんね~ 鳥が好きですから。
食べる?違います愛鳥かですよ。

いなり寿司は大好きですが?

いつか「お山する」で上ります。

by: 京しんさん | 2010/04/02 00:22 | URL [編集] | page top↑
#
京都ふらりさん、こんにちわ。

さすがにふらりさん、春の風と共に
色々な所に精力的に行っておられますね。
おかげで私も信楽に居ながらにして
ちょっとした旅行気分を味わえます。

久しく伏見の方には行っていないですね。
ちょっとなつかしいかな。

いよいよ待ちに待った桜の季節。
今年は私も近江の桜を中心に回ることができればと思っています。
by: 紫香楽 秀山さん | 2010/04/01 19:50 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/751-5bfeaafa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)