ふらり京都、旅して日本 飛鳥2、聖徳太子と橘寺
FC2ブログ

飛鳥2、聖徳太子と橘寺

聖徳太子誕生の地、明日香村の橘寺(たちばなでら) 
飛鳥 102 
  

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

飛鳥駅から2kmほど東のにあるのが橘寺飛鳥 096  

聖徳太子(574~622年)の生誕地です。
飛鳥 099 

 飛鳥 102 

飛鳥 101 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

入口
飛鳥 134


 聖徳太子は用明天皇の長男として生まれましたが、

幼少時からとても頭脳明晰だったとされています。

叔母である推古天皇のもと、20歳くらいから摂政・皇太子(次期天皇)として、

朝廷政治を担いました。

十七条憲法や冠位十二階、遣隋使などが知られていますね。

 

当然、天皇になるべきでしたけど、

推古天皇の方が長生きしたため皇太子のまま生涯を終えました。

 


飛鳥 109          

 

飛鳥 128

 

 飛鳥時代に40mの五重塔なんてすごい。
飛鳥 120 飛鳥 121

 

聖徳太子は、仏教を政治の基本にすえた初めての人物です。

それまでは古来からある、天照大御神などを中心とした神道中心で、

日照りの時の雨乞いなどは神社が行っていました。

太子は、中国から入ってきた仏の教えを皆に説き、人々の平安を願ったとされています。

 

仏教というのは、道徳なんですね。

道徳がなければ強者が弱者を力づくで支配する恐ろしい世界になります。

仏教は「良いことをすれば極楽へ行ける」ということで、死ぬことへの不安を取り去りながら、

人々が争わずに、お互い助け合っていくにはどうすればよいかを教えてくれます。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

二面石。善相と悪相が背中あわせ。まさに人間の心。飛鳥 110 

 
飛鳥 111   飛鳥 112

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

空と山は1400年たっても変わらないはず。
聖徳太子もこの空を見上げて、世の平安を願ったのでしょう♪飛鳥 131

人気ブログランキングへ

 



 

関連記事
スポンサーサイト



人気ブログランキング→ここをクリック
05:41 | 奈良 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑
飛鳥3、石舞台 | top | 飛鳥1、高松塚古墳

Comments

#
こんばんは。
二面石、なるほどですねぇ。
いろいろあるもんだと感心しつつ、☆!
by: ゆったり人さん | 2010/02/06 01:19 | URL [編集] | page top↑
#
京都ふらりさん、おはようございます。

やはり写真を見る限り昔遠足できた頃とあまり風景が変わっていませんね。
今の時代になんかとってもありがたく感じます。

やはり飛鳥はいつまでも残しておきたい日本の原風景ですね。
本当に癒されます。
by: 紫香楽 秀山さん | 2010/02/03 07:06 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは~
野鳥の居そうなところだな~って思ったら
セグロセキレイさんがしっかり居るのでびっくりしました^^v
by: Angelさん | 2010/02/02 20:12 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは♪
京都ふらりさん、こんばんは☆彡
今回の記事、前回に引き続き思いを馳せてしまいました。僕はふらりさんのブログでつかの間の休息をとらせていただいております。
そして最後の文章。
本当にそうですね。空と山は変わってない。
染みるいい言葉です。
by: AKIRAさん | 2010/02/02 18:11 | URL [編集] | page top↑
#
京都ふらりさん (*^ー゜)ノ コンニチハ☆

今年はゆっくりならを旅してみたい。。。
と思っているんです。。。
ここも行ってみたくなりました!
聖徳太子は、尊敬し、親しみのあるお方です。
雰囲気のとてもよく伝わってくるお写真 いつも
楽しませて頂いています~(@^▽^@)ニコッ 
by: マリアさん | 2010/02/02 12:57 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/720-94cea6a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)