ふらり京都、旅して日本 大根だきと鳴滝伝説

大根だきと鳴滝伝説

京都、鳴滝の大根だき岡崎 014
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 
金閣寺と嵯峨を結ぶ「きぬかけの道」。途中に龍安寺、仁和寺、広沢池、大覚寺など名所がたくさんあります。

ここはその中間点、鳴滝本町(なるたき・ほんまち)のバス停。
岡崎 001

これを目的にやって来ました。
岡崎 046







民家がならぶ町内を3分程歩くと了徳寺。
岡崎 005 

 

ちょうどお昼時なので賑わっていました。

大根だきは12月の9,10日のみの行事ですが、

二日間で1万人が来て3000本の大根が料理されるとのこと。

 

鎌倉時代に親鸞上人がここを訪れた時、

村人が大根を煮て、もてなしたのが、この大根だきの始まりだそうです。

 

岡崎 021 岡崎 036

800円を納めて私もいただきましたが、温かくておいしかったです。
岡崎 009

 

おあげがとてもマッチしていましたね。ほうじ茶もおいしかった。

これだけで800円は高いかもしれませんが、

日頃から我々をお守りくださる仏様にお供えして、

お坊さんの生活の糧になると思えば安いものです。

  

岡崎 013   

こういう昔からの行事に参加すると、子供のころ、お正月に親戚が集まって、

凧をあげてコマを回して、お雑煮やおせち料理を食べたのを思い出しますね、懐かしい~。

岡崎 020  



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳴滝を流れる御室川(おむろがわ)。
岡崎 003

了徳寺の200mほど北西に滝がありました。
岡崎 071

今まで滝があることは知っていましたが、場所はわからなかったので、見つけた時はうれしかったです。
岡崎 070 岡崎 069

 

この滝にまつわる伝説は以下の通り。

 

昔昔のある雨の夜、この滝がものすごく大きな音をたてていました。

村人たちは、不吉に思い、この滝に集まったところ、

洪水が来そうだと気づいて、皆、高台に避難しました。

 

そのあと、村は流されてしまいましたが、村人たちの命は助かり、

「これは滝が教えてくださったのだ」と考え、人々はこの滝に感謝しました。

それ以来ここは「鳴滝村」とよばれるようになりました。

 


岡崎 052 



滝のすぐ上の高台。京都の中心部を望みます。近くにみえる三つのコブは双が岡(ならびがおか)。
ここまで逃げれば洪水がきても大丈夫ですね♪
岡崎 079

関連記事
スポンサーサイト

京都人気ブログランキング
06:26 | 京福 鳴滝・常盤 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
タカラヅカと手塚治虫 | top | 紅葉、水間観音

Comments

#
京都ふらりさん こんにちわ~ヾ(*^▽^*)ゞ

わぁ~~大根焚に行かれたのですね。。。。
テレビで見て いい行事だな。。。といつも
思っていたんです。。。。
何かと気忙しい師走。
こういう行事で 一息ついて 感謝の心を大切にするのは
素晴らしいことですね~!

それに、お大根とおあげが おいしそうです~!
.+:。(≧∇≦)ノ゜.+:
by: マリアさん | 2009/12/13 16:13 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは~
自然災害と昔の方々が係わったすてきなエピソードです~♪
今でも歴史が継承された、大根だきのお味はさぞや格別の
ものでしょうね(@。@”
by: Angelさん | 2009/12/13 11:19 | URL [編集] | page top↑
#
うおー 懐かしいです。9年前くらいに鳴滝に行きましたよ。

確かに高いと言えば高いいですよね。大根とおあげさんだけですからね。

無病息災なんて感謝の気持ちで食べれば金額じゃないですよね。

大きな釜で煮た太い大根ホント旨いです。

忘れましたが嵯峨野「大覚寺近くのお寺さん」でもありますね。

知ってるでしょうが「おかめさんの」
千本釈迦堂でもありますよ。

今年は何処えでも食べれそうにないです。
(悲)。。

by: 京しんさん | 2009/12/13 00:04 | URL [編集] | page top↑
# こんにちは
京都ふらりさん
こんにちは♪
大根炊きの時期がやってきましたね~☆
鳴滝にお出かけでしたか。
それにしても…また勉強させていただきました(^^ゞ
こんなに近くなのに知らないことがいっぱいです。感謝ですね。
by: AKIRAさん | 2009/12/12 17:01 | URL [編集] | page top↑
#
京都ふらりさん、こんにちわ。

やはりこれを見ると師走の風景と言う感じがしますね。
まさに京の風物詩です。

家内の実家のお墓が千本釈迦堂にあるため
大根炊きと言うとどうしてもそちらの方を意識してしまいますが、
こちらの大根炊きも一度行ってみたいですね。

寒い中、大根炊きと美味しいほうじ茶の組み合わせは本当に最高だと思います。
by: 紫香楽 秀山さん | 2009/12/12 13:59 | URL [編集] | page top↑
#
こうした寒い時期に、炊いた大根をいただくのは
さらに美味しく感じそうですね。
おあげの程よい甘さと大根そのものの甘さ。
身体にとっても優しそう♪
それにしても3000本もの大根を調理されるなんて
大変な作業ですよね~。

大根に、そして滝に、神様に。
感謝ばかりの一日でしたね~。
by: みおさん | 2009/12/12 11:19 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/695-3054799f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)