ふらり京都、旅して日本 久我、道元と誕生寺

久我、道元と誕生寺

京都の町の数キロ南にある久我(こが)
久我 039 
  



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

桂川にかかる久我橋。「久我」と書いて「こが」と読みます。
久我 030 


久我は伏見と向日市の中間にあたります。ということは、鉄道の空白地域なんですね。

今でこそ家がたくさん建っていますが、

昭和の初めころまでは、村があって、まわりに田畑が広がってたのだと思います。



 

高校の時、久我から通っている友人がいて、

「電車がないから不便だろうな」と、勝手に思ったりしていました。

でも自転車なら、伏見まではすぐみたいですね。








久我は今まで車で通過することはありましたが、歩いたことはありませんでした。

ということで初の久我の散歩です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




久我橋の西側に「誕生寺」との立て看板。
久我 028 

 

このようなお寺があるとは全く知らずに来たのですが、

ここ久我は鎌倉時代に曹洞宗を日本に伝えた道元禅師が生まれたところだそうです。

この誕生寺は道元生誕800年を記念して、20年程前に建てられました。


久我 010

 

禅宗は5世紀頃、中国で達磨大師が開いた坐禅を重んじる仏教です。

 

その中にも数宗派があり、そのうち3つが日本に伝えられました。

それらの宗派と伝えた人は、臨済宗の栄西(1141~1215)、曹洞宗の道元(1200~1253)、

黄檗宗の隠元(1592~1673)です。



久我 022 

 

道元は、栄西の弟子に弟子入りし、中国に渡ったときに曹洞宗に出会い、日本に持ち帰りました。

そして今の福井県の山合いに、現在の大本山となる永平寺を開きました。

 

 

道元禅師像。なかなか凛々しいですね。
久我 014 

 

 

臨済宗が、問答に対し坐禅を組んで、悟りを開くことに重きをおき、

足利幕府に支持され、南禅寺、東福寺や金閣寺など京都を中心に栄華を極めたのに対し、

 

曹洞宗は、「無限の修行こそが成仏である」と、坐禅を続けることこそに意義があるとされ、

主に地方に広まったとのことです。

 

 

仏様の足を洗うための台だそうです。久我 016

  

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

なんていう花かな?紫色が陽にあたりとてもきれい。久我 037 

初めての久我の散歩でしたが、また一つ勉強になりました♪久我 036 
1日1回クリックお願いします↗ 人気ブログランキングへ  

関連記事
スポンサーサイト

京都人気ブログランキング
05:49 | 近鉄 竹田・伏見・丹波橋 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
平安京、内裏・大極殿跡 | top | 大原三千院、シソ畑とアジサイ

Comments

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: さん | 2009/11/16 10:57 | URL [編集] | page top↑
# こんにちは
道元禅師の出生地がこことは
知りませんでした。
今年は「ZEN」の題名で映画にも
なりましたね。何となく観にいったんですが
役者さんの演技の凄さもあってか良かった
です~。

「無限の修行こそが成仏」とは
いい言葉ですね。
by: 玉鬘(たまかずら)さん | 2009/07/08 12:31 | URL [編集] | page top↑
# 携帯から‥‥
こんにちは。いい所ですね。静かそうな町でしょ?
お寺の名前もいいですね。当然初めて知りました。
そうそう、ケーキ屋さんの凡蔵さんあっちこっちの手作り市で見かけますよ。百万遍の手作り市で一回買ったことがあります。毎回出店されてるみたいです。
手作り市に行くと結構お金使います。(苦笑)
by: 京しんさん | 2009/07/06 12:29 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/621-697d9b24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)