ふらり京都、旅して日本 三井寺、弁慶の鐘
FC2ブログ

三井寺、弁慶の鐘

三井寺 052
  



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大津市内を走る京阪電鉄、石山坂本線。ここは三井寺(みいでら)駅
三井寺 003 

京都に通じる琵琶湖疏水(びわこそすい)。
三井寺 007

駅から10分ほど山の方へ向かって歩くと三井寺(みいでら)の大門(仁王門)。
三井寺 015 

子供の頃から三井寺は知っていますが、中へ入るのは初めて。とても大きいお寺です。
三井寺 017 

 

667年、大化の改新で有名な中大兄皇子こと天智天皇は奈良の飛鳥からここ大津へ都を移しました。

5年間のみの大津京でしたが、天智天皇の没後、後継争いで、

弟の大海皇子と子供の大友皇子が戦いました(壬申の乱)。

そのとき敗れた大友皇子を弔うためにこの三井寺は建てられたとされます。

 

平城京(710年)や平安京(794年)よりも前に、ここに都があったなんて、なんかすごいですね。

 

本当は園城寺というそうですが、その頃の天皇らの産湯を汲んだ井戸があったことので、

「御井寺」とよばれるようになり、いつのまにか「三井寺」になったそうです。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 金堂 

三井寺 020

800年代の初め、最澄は、ここより数キロ北の比叡山の上に天台宗の本山・延暦寺を建てました。

860年代には天台座主・円珍がこの三井寺を天台宗の別院としました。

 

993年、天台宗内の対立で、円珍の教えを引き継ぐ僧たちが、延暦寺を出て三井寺に移りました。

それから延暦寺は「山門」、三井寺は「寺門」と呼ばれるようになりましたが、

両者はたびたび衝突し、何度も三井寺に火がつけられたそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この鐘、奈良時代の作だそうですが、弁慶が引きずった傷があります。
三井寺 021 三井寺 030


 牛若丸と出会う前、弁慶は延暦寺の修行僧でしたが、

ある時、三井寺を攻めに来た弁慶は、この鐘を引きずって比叡山に持ちかえろうとしたところ、

鐘が自ら騒ぎ出し、不吉に思った弁慶は途中で放り投げたとのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


三井寺 040

三井寺の最大の苦難は安土桃山時代。

1595年、天下人・秀吉を怒らせ、ほとんどの建物が破壊され廃寺になります。

しかし、家康がすぐに復興し、 大門、金堂など現在のほとんどの建物はその頃建てられました。

 

三重塔(伏見城にあったのを1601年に家康が移築)
三井寺 035

アジサイと黄菖蒲
三井寺 048 三井寺 043  
 

毘沙門堂(1616年建)。小さな伽藍ですが、中国風で、春でも赤いカエデがとても似合ってました。三井寺 056 三井寺 053

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

観音堂(1689年建)に到着。

三井寺 069


三井寺 064


琵琶湖が青々してきれい。
三井寺 067

初めての三井寺でしたが、静かながら、大きくて、幾多の苦難をも乗り越えてきた力強さを感じました。

緑もいいですが、桜や紅葉の時にも是非きてみたいですね♪

1日1回ポチっとよろしくお願いします →人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト



19:20 | 滋賀 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
万博公園、太陽の塔 | top | 浜大津、ミシガン

Comments

#
京都ふらりさん、こんばんわ。

ここ三井寺は年に二度
桜の時と紅葉の時の夜のライトアップの時に必ず来るようにしています。

隣の京都はこの時期観光客でごった返していますが、ここ三井寺は本当に穴場だと思います,ね。

でもふだんの三井寺には一回も行った事がないんですよね。

今度一度行ってみたいです。
by: 紫香楽 秀山さん | 2009/06/07 22:28 | URL [編集] | page top↑
# こんにちは<(゚-゚=)
新緑が綺麗ですね。
赤い帽子のお地蔵さんの
コントラストがとても綺麗です。
by: 玉鬘(たまかずら)さん | 2009/06/05 11:09 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは
ふらりさんお茶分かりました。
いいことなら試しが一番ですね。
おおきにです。
ほんとお茶飲まない(麦酒)ばっかです。(苦笑)年考えないととはいつも思ってますが・・・

三井寺は行ってませんがふらりさんのブログ見て是非行かなきゃと思いました。

滋賀県は大好きな県です。親戚もいますしね。ふらりさんのブログを追っかけばっかしてスンマセン・・・。
by: 京しんさん | 2009/06/04 21:58 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/605-3f8a3e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)