ふらり京都、旅して日本 東近江、梅の永源寺
FC2ブログ

東近江、梅の永源寺

芭蕉も歌をよんだ永源寺の梅永源寺 055d

  

 

 

永源寺湖。滋賀県東近江市、滋賀と三重を分ける鈴鹿山脈の西麓。

永源寺 116 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2月22日は、臨済宗永源寺派の大本山、永源寺(えいげんじ)へ行きました。

近江鉄道八日市駅からバスで20分ほどの所です。

永源寺 113 





永源寺 007

 

臨済宗は鎌倉時代の始めの1200年頃、栄西が中国から日本に持ち帰った禅を重んじる仏教。

栄西の後も弟子などが中国に渡って臨済宗を修め、現在14の宗派とそれらの大本山があります。

 

7つは京都の有名な大寺院である、建仁寺、南禅寺、天龍寺、相国寺、東福寺、妙心寺、大徳寺で、

 残りの7つが鎌倉や地方都市にあり、そのひとつが永源寺。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

永源寺は川の横の崖の上に立ち、川に沿った細長い敷地。まずは石段を100段程上ります。
永源寺 011 

永源寺 013   永源寺 016

 

総門に到着。 現在このお寺で最も古い建物で、1464年築。
永源寺 022 

 

横をみればこんな感じ。
永源寺 030

 

次に大きな山門をくぐります。
永源寺 040

 

方丈の前庭。
永源寺 106

 

このお寺では本堂にあたる方丈。1765年築。大きいです。屋根は湖岸によく生える葦(ヨシ)。
永源寺 104 



永源寺は、室町時代初期の1361年、近江守護職の佐々木氏が、寂室(じゃくしつ)禅師を迎え建てました。

その頃、臨済宗は足利氏に擁護され、京都では栄華を極めていましたが、

寂室はこの静かな近江の地を好み、

応仁の乱の頃は、戦場となった京都を離れた僧が数千人も来たそうです。

  

永源寺 099   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

とても静かなところですから、いい座禅が組めるでしょう。

永源寺 072 永源寺 052   

 

なんていう花かな?かわいく咲いていました。
永源寺 081





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


永源寺 091


2月22日でしたが、まだ雪が。
永源寺 065


ところどころに梅の木。寒いからか、まだつぼみ。
永源寺 087




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


法堂の横の梅と芭蕉の句碑。見るからに老木。
永源寺 053

芭蕉はここを訪れた時、梅を見ながら、こんにゃくのさしみを食べたようです。
永源寺 059


門前の土産物店にもこんにゃくが並んでました。こんにゃくが名物なのかな?
永源寺 057 


江戸時代はこんにゃくも御馳走だったんでしょうね♪
永源寺 097


人気ブログランキングへ

 

関連記事
スポンサーサイト



06:15 | 滋賀 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
春の深泥池 | top | 北野天満宮、梅苑

Comments

#
>紫香楽 秀山様
私など年中あるいていると、ここは紅葉の時にぜひきたいなあってよく思います。でも紅葉って2週間ほどですから、なかなかそうはいきません♪

>シンドン様
フナ寿司、私は好きですよ。
あの酸っぱいのがいいんです。
値段が高いのがネックですが♪

>みお様
めがね地蔵は私もはじめてです。
かわいかったです♪
by: 京都ふらりさん | 2009/02/28 05:31 | URL [編集] | page top↑
#
ふらりさん、こんにちわ。

永源寺にはいつも紅葉のシーズンにしか行くことがなかったので、普段の景色はあまり知ることがありませんでした。
こうやって見ると紅葉の頃も良いのですが、本来の永源寺の良さを知るにはこの時期人気のいない時に来る方が良いみたいですね。

今度機会があればひとりで行って座禅をしてみたいです。
by: 紫香楽 秀山さん | 2009/02/27 13:09 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは。
静けさがいいですね。

最近近江まで足伸ばせませんが、
夏頃滋賀の方に行きたいとです。

琵琶湖周辺もいいとこですからね~
ほんと穴場・・・

私は彦根の町はお気に入りですよ。
素朴でいいとこです。今は?ですが。

近江八幡も静かでいいとこです。

滋賀では鮒寿司ですね、ただこれはクセがあり「高い」(苦笑)食べれないでしょうね。
一度食べて見たいですが・・・


by: シンドン(京神)さん | 2009/02/26 22:52 | URL [編集] | page top↑
#
石段の途中にある眼鏡をおかけになったお地蔵様。
眺めているだけで心がスッと鎮まっていくような
とても素敵な表情をなさっていますね。
古いこうしたお寺が今でも残っているということに
改めてどれだけ大切にされているのかがよく
わかりますよね。
座禅ですかぁ…私は落ち着きがないからすぐに
パシンッ!なんてされちゃいそうです(汗)
by: みおさん | 2009/02/26 18:14 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/551-cfd98918
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)