ふらり京都、旅して日本 竹の寺、地蔵院

竹の寺、地蔵院

京都西山の麓にある、一休禅師(1394~1481年)が幼いころ暮らした「竹の寺」こと地蔵院。
鈴虫、竹林寺 198
  

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 阪急嵐山線、上桂駅から1km西のところです。 
月読、京田辺 072

 

坂を少し上ると、京都タワーがよく見えます。
月読、京田辺 074 

 

地蔵院に到着。別名「竹の寺」
鈴虫、竹林寺 175

 

室町時代初期の1367年、室町幕府の有力武将、細川頼之が建てた、臨済宗のお寺です。

月読、京田辺 084

 

門をくぐって、静かな竹の中の道を歩いていくと、
鈴虫、竹林寺 177

 


本堂
鈴虫、竹林寺 180b


一休の母は、後小松天皇の子を身ごもりますが、

周りからねたまれて宮中から追い出され、この近くの民家で一休を産みました。

その後、一休はこの寺で育ち、6才で京都の町の中の安国寺での修行生活に入りました。

  

一休と母が人目を避けて暮らすには、ちょうど良いお寺だったようです。

 

一休が生まれる少し前に分裂していた南北朝が統一されました。 

朝廷は事実上、北朝が引き継ぎましたしたが、一休の母は南朝の貴族出身であったために、

こういう目に会わなければならなかったと言われています。



一休はその後、僧としては大徳寺の住職になるまで出世し、

晩年は京田辺の一休寺で暮らしました。

 

  


本堂のまわりの地面は苔、苔、苔。 しっとりしてとてもいい感じでした。
鈴虫、竹林寺 191 

お地蔵さんも行儀よく並んでいました♪
鈴虫、竹林寺 195 

そういやもうすぐ竹の子の季節ですね。私はさっとゆでて、酢醤油でいただくのが好きです♪
鈴虫、竹林寺 182c

人気ブログランキングへ



今月始めに行った京田辺、一休寺の記事はこちら

関連記事
スポンサーサイト

京都人気ブログランキング
18:41 | 阪急 嵐山・松尾・上桂 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
北野天満宮、梅苑 | top | 梅の北野天満宮

Comments

#
>シンドン様
とても静かでした。
松尾神社のついでに歩けますよ♪

>みお様
お寺の西側が山ですから、
西陽が避けられてなつは理想的ですね♪
by: 京都ふらりさん | 2009/02/28 05:40 | URL [編集] | page top↑
#
静かなお寺ですね。
たくさんの苔でしっとり。
京都のあの暑い夏には心地よい場所になるのかなあ。
美味しいタケノコがいただける季節ももうすぐですね。
私はやはり甘辛く煮たタケノコが大好きです♪
by: みおさん | 2009/02/23 13:09 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは
いいところですね。ここは行った事ないです。
静かなお寺のようですね。

筍も獲りたて食べたいですね。(笑)

リンクありがとうございます。

by: シンドン(京神)さん | 2009/02/22 23:45 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/549-c70bdb48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)