夏目漱石と鴨川

夏目漱石の句碑
DSCN0514.jpg
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

御池通り。12月になりましたね。秋は過ぎ、冬に入りました。
DSCN0439.jpg

落葉がきれいに舞います。
DSCN0435.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鴨川にかかる御池大橋の西詰めに夏目漱石の句碑がありました。
「春の川を  隔てて 男、女かな」
DSCN0518.jpg


横に書いてある説明を読むと、漱石は京都に4回来たことがあるそうです。

そのうちの一回、この木屋町御池の宿に滞在していた時、

川向こうの祇園のお茶屋の女将と仲良くなったものの、行き違いが生じました。

そこで自分の思いを句にして彼女に送ったそうです。



宿の窓から鴨川の向こうに見える祇園をみていたのかな。仲直りしたかったのでしょうね。
DSCN0512.jpg




powered by 地図Z


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


木屋町通り沿いの高瀬川にも桜の葉が流れます。
DSCN0488.jpg

漱石が思いを寄せたのはこんな方だったのかな?
DSCN0503.jpg


また来年の4月には花が満開で、花びらがここを流れます。自然って不思議ですね。
DSCN0490.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へランキング参加中です。
1日1回このバナーを押してランク表のページをみていただくと10ポイントになります。

関連記事
スポンサーサイト

05:31 | 地下鉄 京都市役所前 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
宮本武蔵の八大神社 | top | 向日神社、紅葉

Comments

# 川沿いの季節感。
この木屋町の高瀬川、そういえば春の季節に
京都ふらりさんが撮影された桜の花びらが
ゆっくりと、そしてたくさん流れていた写真を
思い出しました。
川にもちゃんと季節が表れるんですよね。
また桜の季節に、この高瀬川沿いの道を
歩きたくなりました。
春はまだまだですけどね…(笑)
by: みおさん | 2008/12/06 09:14 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/511-1d88457a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)