ふらり京都、旅して日本 山科・毘沙門堂
FC2ブログ

山科・毘沙門堂

DSCN8514.jpg
  



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋らしくなってきましたね。

涼しくて、歩くにはちょうどいい感じです。



さてさてこれは先週の山科(やましな) 。京都駅からJRで5分ほど東へ行ったところです。
DSCN8662.jpg



特急「雷鳥」。金沢か富山行きですね。
DSCN8673.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・

駅の改札をでて、ホームの下を通る地下道を歩きます。

かつてはこの細い道が乗り換えに使われていたようです。

DSCN8488.jpg

空、青かった~。あの山の麓まで、1kmほど歩きます。
DSCN8491.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

毘沙門堂に到着。初めて来ました。
DSCN8509.jpg


石段を登りきって、
DSCN8510.jpg


仁王門の番人である二人の仁王様の間を通りぬけます。
DSCN8512.jpg


おちついた、いい感じのお寺です。
DSCN8516.jpg

 

毘沙門堂は、平安京のできる90年程前の703年、

今の京都の鴨川の出雲路橋(北大路の少し南)のそばに文武天皇の勅願で開かれました。

その後、度重なる戦乱で、苦難の道をたどり、江戸時代の1665年にこの地に移りました。

今の建物はそのころ建てられたものです。


天台宗の門跡寺院(皇室の人が出家して住職を務めているお寺)であり、

本尊は伝教大師(最澄)が刻んだ毘沙門天です。




DSCN8545.jpg

毘沙門天はもともとインド神話の富と財宝の神でしたが、

仏教にも取り入れられ、

仏教において、この世の中心にあって神々が住む須弥山(しゅみせん)を守る

四天王の一人とされています。



中国では勝運と戦いの神として、

日本でも七福神の一人として、崇められてきました。





powered by 地図Z


・・・・・・・・・・・・・・・・

中庭は「晩翠園」と呼ばれ、江戸時代からあるとのこと。 あれにみえるは観音堂。
DSCN8522.jpg 


タヌキとおサルさん。
DSCN8528.jpg


DSCN8553.jpg


「ないがままに生きる」。生きていくのに大切な言葉ですね。
DSCN8546.jpg

桜の葉が、色づいてきました。いよいよ紅葉の季節です。
DSCN8536.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へランキング参加中です。
1日1回このバナーを押してランク表のページをみていただくと10ポイントになります。

関連記事
スポンサーサイト



05:30 | JR 山科・西大路 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
山科聖天・山科川 | top | 大将軍商店街

Comments

# 秋深くなりましたね
おはようございます☆

旧国鉄色の車体が好きです。
最近では、派手派手なペイントも登場していま
すが、この色は残して欲しいものです。

京都の秋も色良くなってきてますね。
古都の秋は、絵になりますね~。
by: reev21さん | 2008/10/23 07:23 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/487-1b13e268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)