ふらり京都、旅して日本 華道発祥の地、六角堂
FC2ブログ

華道発祥の地、六角堂

六角堂のお地蔵さん
三条京極、六角堂 130
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


烏丸通り、烏丸御池から南をみたところ。京都の真ん中を南北に縦走し、オフィスビルが並びます。
三条京極、六角堂 181

そこから300mほど南へ行き、東へまがると六角通り。
三条京極、六角堂 165

すぐに六角堂が見えます。
三条京極、六角堂 091





powered by 地図Z


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


門の表札を見ると、「六角堂頂法寺 貫主 池坊専永」と。
三条京極、六角堂 096



池坊(いけのぼう)専永さんといえば、華道・池坊の家元ですね。

日本の華道における第一人者とも言える方です。

今、75才くらいだそうですが、奥様はなんと衆議院議員で文部科学副大臣とか。


三条京極、六角堂 149

その名の通り、六角形のお堂です。 池坊のビルに囲まれています。
三条京極、六角堂 109


六角堂は聖徳太子が大阪に四天王寺を建てるにあたり、

用材を求めてこのあたりに来たとき、ここに立ち寄って建てられたお寺だそうです。

そういや法隆寺の夢殿も六角形ですね。瞑想にふけるには六角形がよかったのかな?



三条京極、六角堂 113




三条京極、六角堂 131


ビル街の谷間にあるやや小さめのお寺ですが、 人気は抜群。 いつも人がおられます。

庶民のお寺の代表です。 室町・江戸時代は町の寄り合い所になってたそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この納経所兼売店がなかなかいい感じ。
三条京極、六角堂 153



三条京極、六角堂 152

かつてお寺の北側には聖徳太子が沐浴したといわれる池があり、そのほとりに僧の住坊がありました。

池のほとりだから、その住坊を「池坊」とよぶようになりました。


平安時代から、その「池坊」の僧たちが、本堂の観音様に、きれいに飾った花を供えるようになったのが、

池坊華道の始まりであり、日本の華道の始まりだったそうです。

特に室町時代に今の華道の基礎が確立されました。



ということで家元は代々、僧侶でいらっしゃるんですね。

今の池坊専永さんは、東山の青蓮院で得度(仏門に入ること)し、

先代が早く亡くなられたこともあって、20歳でここお寺の住職になられました。

長女である次期家元の由紀さんも得度なさったそうです。


三条京極、六角堂 143

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


このお寺、初めてきたのは小学校4年のときで、京都新聞社を見学したあとに立ち寄りました。
そのときから鳩がたくさんいる印象が残っていますね。
三条京極、六角堂 154

ふと気を許すと、私の肩に一羽とまりました~。びっくり~。結構ずっしりしています♪

三条京極、六角堂 159



関連記事
スポンサーサイト



22:00 | 地下鉄 烏丸御池 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
静岡6、登呂遺跡 | top | 東宝公楽

Comments

# きちゃいました(^^)
ご無沙汰してます&了解しました!で、でも携帯からだと
写真が見られないみたいで・・・。しかし!
ロムが多いですけどまた遊びに伺いますよっ♪
http://furutoisshodayo.web.fc2.com/
こっちもまだやってるので気軽にどうぞ^^
by: にゃんころりんさん | 2008/06/23 07:22 | URL [編集] | page top↑
# こんばんわ
六角堂ですね★
肩に鳩・・豆をやったのですか??
私はまだ怖くてまいた事がないのですが^^:
袋をもってるとえさと間違えて一斉に
襲われ・・ますね。

いつのまにやらコミカルなお地蔵さんが
増えましたね。
ベレー帽も似合う~^^。
by: 玉鬘(たまかずら)さん | 2008/05/23 23:17 | URL [編集] | page top↑
# 風情ありますね。。。
京都ふらりさん こんにちわ~ヾ(*^▽^*)ゞ

ここは、行きたいと思いつつ まだ行けていない
場所なんです。。。
いやぁ~~風情があって素敵*:.。☆..。.(´∀`人)
納経所内のお写真 素敵です~~!

ランキング 一位安定ですね~v(*'-^*)bぶいっ♪
by: マリアさん | 2008/05/21 13:13 | URL [編集] | page top↑
#
石の上に並べられたお地蔵さん(?)の表情がどれも素敵で
ちょっと見惚れてしまいました。
肩に乗ったハトを撮影されているなんて…
結構長い間、留まっていたのでしょうか♪
私は…見る分には良いですが、乗ってきたら怖くて
逃げちゃうかと思います…(汗)
by: みおさん | 2008/05/21 12:13 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは。
なんだか凄いところです。
濃密な空気が流れている気がしてしまいます...
今日も勉強になりました。ポチ!
by: ゆったり人さん | 2008/05/20 21:20 | URL [編集] | page top↑
#
本当に肩に乗ってますね
それを撮っているんですからすごいですよ
by: とうしろさん | 2008/05/20 20:01 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/415-88650aa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)