ふらり京都、旅して日本 同志社・新島襄の家
FC2ブログ

同志社・新島襄の家

同志社の創始者、新島襄(にいじま・じょう)の家
府庁・御所・寺町 077
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


京都御所の東側に沿って走る寺町通り。見える校舎は鴨沂(おうき)高校。沢田研二さんの母校です。
府庁・御所・寺町 067



鴨沂高校の少し南にあるのが新島襄の家。
府庁・御所・寺町 081



この家の前は昔から何度も何度も通ったことがありますが、新島襄の家があるなんて、全く知りませんでした。
府庁・御所・寺町 071



新島襄は1843年、今の群馬の武士の家に生まれました。

当時禁止されていた海外渡航にあこがれ、21才の時、函館から外国船にのりアメリカへ密航しました。

アメリカではキリスト教の洗礼を受け、大学にも通いました。

北海道大学へきたクラーク博士の理科の授業もうけたそうです。(クラークはこの縁で日本へきたそうです)



その後、日本は明治維新を迎え、新政府の海外使節団(岩倉使節団)がアメリカに来た時に、

英語力を買われ合流しました。

30才を過ぎて日本に帰り、京都にキリスト教系の同志社英学校をたてたのが、同志社のはじまりです。





府庁が植民地の大使館なら、こちらは大使の別荘のようです。
府庁・御所・寺町 075



新島はその後、大学設立の運動をおこしますが、46才で倒れ亡くなりました。


今、同志社には小学校から大学まであります。




府庁・御所・寺町 072



新島先生も梅が好きだったのかな?
府庁・御所・寺町 074



人気ブログランキング1日1回よろしく!


関連記事
スポンサーサイト



21:03 | 京阪 出町柳・神宮丸太町 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑
京都御所の梅2 | top | 京都府庁

Comments

#
密航のときのことで、新島襄と青森県の下北半島は縁が深いようですね。
いつも応援ありがとうございます。
by: 昭雄さん | 2008/02/23 19:10 | URL [編集] | page top↑
# 勉強になります。
梅が咲き、そしてもうすぐ桜の季節がやってきますね。
また同志社も春には新入生で賑やかになるのでしょうね。
梅や桜を目にし、気持ち良い風を感じると
何だかいつも緊張してきます。
それでも春が待ち遠しい毎日です♪
by: みおさん | 2008/02/23 17:28 | URL [編集] | page top↑
#
新島襄の邸宅が残っているんですね。
見ることが出来て感激です。
同志社、行ったことはありませんが、青学や明学のような建物なのかなと想像しています!
by: minさん | 2008/02/23 10:28 | URL [編集] | page top↑
#
邸宅拝見・・好きなんですがまだまだ
あまり行った事がありません。
歴史を介しての鑑賞はやはり赴きが
違いますね。
by: 玉鬘さん | 2008/02/23 09:33 | URL [編集] | page top↑
#
紅梅が綺麗ですね、我が家のお向かいさんの庭には枝垂桜が満開です^^ポチッ!
by: つじさん | 2008/02/22 22:12 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/350-ad890653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)