ふらり京都、旅して日本 壬生寺の節分会
FC2ブログ

壬生寺の節分会

壬生寺(みぶでら)の北門
節分 204
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

京都のほぼ中心にあたる阪急・四条大宮駅から南西に数分歩きます。
この日(2/3)は、伏見稲荷、吉田神社の後にここへきました。
節分 205


壬生寺到着。ここも節分が一年で一番賑わう日だそうです。 お寺ですから節分祭でなく節分会(せつぶんえ)です。
節分 199




powered by 地図Z



壬生寺は平安時代に創建され、仏教でも律宗という宗派で、中国僧・鑑真が建てた奈良の唐招提寺が本山です。

江戸時代の終わりには、隣に新撰組の宿舎が置かれ、このお寺で武芸の稽古に励んだそうです。


本堂は昭和37年、放火で焼け再建されました。

町中なのに150m四方くらいの敷地があり、境内に老人ホームや保育所もある、住民のためのお寺です。



節分 193


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このお寺は壬生狂言でも有名です。
節分 196


鎌倉時代の1300年頃、円覚上人が仏の教えをわかりやすく民衆に伝えるため、 芝居にしたのが壬生狂言の始まりです。

狂言といっても、お面をかぶって演じられる無言劇です。



この左の建物が狂言堂と言われる舞台で、右が本来は保育園なのですがこの日は客席。
節分 202




節分のときは無料公演とのことで、見に来ました。

まさにパントマイムですね。解説書(200円)を買って、あらすじを知ってから見た方が味わえると思います。

この日の御題は「節分」。

おたふくのような面をかぶった人と、鬼の面をかぶったひとが登場しました。



役者さんは地元の一般の方で、代々受け継がれているそうです。

無形重要文化財に指定されており、撮影は一切禁止でした。



節分 194


千体仏塔
節分 198


人気ブログランキング1日1回よろしく!


壬生狂言の写真はここ

関連記事
スポンサーサイト



人気ブログランキング→ここをクリック
18:15 | 阪急 大宮・西院 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
円町・だるま寺の節分 | top | 吉田神社の節分

Comments

#
こんばんは。
それぞれによっていろいろ雰囲気が違いますね、楽しませていただきました~
取り急ぎ応援ポチ!です^^
by: ゆったり人さん | 2008/02/06 22:18 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんわー
まとめて節分記事全部拝見して来ました~
伏見稲荷が一番楽しそうでした(^-^*)
by: 花さん | 2008/02/06 20:02 | URL [編集] | page top↑
# コンニチワ
一大イベントですね!
それにしてもあいにくの天気なのに
スゴイ人手ですね!
傘を差しながらだと辛そうですね!
京都ではたくさんの寺社で豆まきがあったのでしょうか?
楽しそうで良いですね♪
by: redarpelsさん | 2008/02/06 16:06 | URL [編集] | page top↑
# 楽しい節分
こんにちは☆

お寺や神社の節分へは行きませんでしたが、地元青森
でも豆まきのニュースが流れていました。 京都は、一
層賑わってるみたいです。

オヤジは、毎年一人節分。
これも悪くないネ。
季節を感じるイベントが好きです。
by: reev21さん | 2008/02/06 12:47 | URL [編集] | page top↑
# さすがです~!
京都ふらりさん ヾ(´▽`*)ゝおはようございます♪

わぁ~~あの寒い中 三箇所もまわられたんですね。。。
しかも、どちらも、混雑していたでしょう。。。

吉田神社 近いので、もう少し暖かければ
行きたかったのですが、冷たい霙でしたので
行けませんでした。。。
なので、こちらで見せていただけて 嬉しかったです~!
。.:*・゚☆(●^▽^)ニコッ・゚☆.。.:*・゚
by: マリアさん | 2008/02/06 09:43 | URL [編集] | page top↑
#
そうですよね。
節分はやはり壬生寺ですよね
どうして?どうして?と思ってました^^
良かったです
by: とうしろさん | 2008/02/05 21:44 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/338-1399da50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)