ふらり京都、旅して日本 千本釈迦堂とお亀さん
FC2ブログ

千本釈迦堂とお亀さん

千本釈迦堂にある、お亀人形
金閣千本 078
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


千本(せんぼん)通り。
平安時代のメインストリート、朱雀大路のあった通りです。
昨日お散歩してきました。
金閣千本 060


千本今出川交差点から北西へ5分ほど歩いたところにある大報恩寺。
通称は千本釈迦堂。
細い通りに囲まれているので全然目立ちません。私も初めて入ります。
金閣千本 062





powered by 地図Z


ここは鎌倉初期の1227年建立の真言宗のお寺。
本堂は応仁の乱でも焼けず、現存する京都の町中の建物では最古であり国宝です。
(郊外には醍醐寺や平等院などもっと古い建物があります)
金閣千本 102


この数日で京都のカエデの葉はほとんど散ったようですが、まだ少しのこっていました。
金閣千本 071


毎年12月の7,8日には大根だきがふるまわれます。
今年も1万5千食が用意されたと新聞に書いてました。
金閣千本 075 

この本堂を建てるとき、京都でも名高かった大工の棟梁・高次は、

間違って柱を一本短く切ってしまいました。
代わりになる木も見つからず困り果てました。

そこで妻のお亀は仮安置されていたお釈迦様に毎日お参りにいきました。

するとある日「他の柱も短くすればいい」ということに気づき、
高次に伝え、立派な本堂が完成しました。

ところが「妻の助言でうまくいった」ということが他人に知られてはいけないと考え、
落成式の前にお亀は自ら命を絶ちました。

高次は悲しみにくれながらも、屋根にお亀の顔を組み込み感謝したとのことです。


今でも本堂の横にある「お亀塚」には、大工さんたちがお参りするとのことです。



よく見ると大手建設会社の名が。
金閣千本 076

あの一番上がお亀の顔かな?
金閣千本 099


本堂の脇にはお亀人形。お亀さんの話、初めて知って心に響きました♪
金閣千本 076


関連記事
スポンサーサイト



05:54 | 地下鉄 鞍馬口・今出川 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑
西陣・千本えんま堂 | top | 西山御坊の大イチョウ

Comments

#
もの凄い物語です!
昔の方はこんなにも命をかけていたのに
今の人はいったいどうなっちゃてるんだる^^;
by: 花さん | 2007/12/15 10:27 | URL [編集] | page top↑
# にこやかに
お亀さん、おもわずこちらもにこやかになるお顔ですね!一度だけお亀塚の前にたったことがありますが、そんなストーリーがあったとは。大工の皆様がお参りするのですね。勉強になりました。ありがとうございました。ぽちっ
by: hayateさん | 2007/12/14 18:20 | URL [編集] | page top↑
#
雑学・歴史大好きの息子も絶対知らないだろう、すばらしい蘊蓄ありがとうございます。
こういう素晴しい建物、蘊蓄、そしておかめさんの頓智と内助・・絶対なくなってほしくない日本の美徳ですね。
(うちでは、すっかり『内助の功』という言葉は化石となりつつあります・・が)
by: れんくみさん | 2007/12/14 14:36 | URL [編集] | page top↑
#
ここ入ったこと無いですけど、気づきにくいとですよね。
しかし、国宝がここにあるとは知りませんでした。
それと何も知らず「お亀さん」を馬鹿にしてましたが、今反省してます^^;
ぽち、ぽち
by: とうしろさん | 2007/12/13 20:29 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは。
お亀人形、知りませんでした。
なるほど、歴史深い町はいろいろ多岐にわたる見所ですね。
国宝の建物、立派なものです。当時の建築技術の素晴らしさでしょう。
いつも勉強になります、ポチ!
by: ゆったり人さん | 2007/12/13 18:07 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/309-b8c9501a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)