ふらり京都、旅して日本 たぬきうどん

たぬきうどん

20071016050722.jpg

  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



JR長岡京駅。数年前までは神足(こうたり)駅という名でした。大阪、神戸方向から来ると、京都府の玄関口になる市です。人口約8万。
20071016034818.jpg






京都へも大阪へも通いやすい住宅地であり、大きな工場もあります。
20071016034832.jpg








powered by 地図Z







奈良から京都へ都が移る前の西暦784年~794年の10年間だけ、都がおかれたところです。
(遺跡は5月26日、阪急西向日駅の記事に掲載しています)
20071016035018.jpg







サントリービール行き。工場見学バスですね。
20071016034857.jpg







駅のすぐ東には村田製作所の本社ビル。電子部品の会社です。
20071016034936.jpg








西国街道の標識。京都から淀川の西岸を通り、今の大阪府北部を通って神戸に抜け、そのまま山陽地方にいく、かつての大街道です。
20071016034914.jpg





さて、「たぬきうどん」といえば、京都ではあんかけうどんのことを指します。

私、大好きで、外食でうどんを食べるとしたらこれが多いですね。

おろし生姜をたっぷりいれてたべるんです。




ところが、大阪のうどん屋で「たぬき」といえば、油揚げがのってる「きつねそば」のことを指し、

「たぬきうどん」なんて存在しないといわれるそうです。



10年ほど前、テレビで「たぬきうどん」の境界線はどこかというのを調べた番組がありました。

するとやはり、この長岡京あたりだったそうです。





20071016034955.jpg





京都と大阪って近いですけど、言葉の違いが結構あるんですよ。

「あ」と「え」の音が逆だったりするんです。




大学入ったとき、大阪の友達の言葉に驚きました。

京都で「ご飯、食べに行へん?」と言うところが、大阪では「食べに行へん?」になるんです。



京都で「行けへん」といえば「行けない」ていう意味になるんですが、大阪ではそのことを「行かれへん」って言うんですよね。




ただ、京都では特に男は語尾に「~け」をつけるので、大阪や兵庫の人からは

「お前の言葉、きついなあ」とかよく言われました。

例えば、「宿題やったんけ?」「ちゃんと片付けたんけ?」「なかなかやるやんけ」などです。





京都言葉は柔かいとか優しいとか思われがちですが、男言葉は結構きついですよ。

今、世間で京都の男言葉を話している代表が島田紳介さんですね。

彼は西大路駅の近くのご出身だそうです。





今月から始まったNHKの朝のドラマ「ちりとてちん」は、福井県でも最も京都寄りの小浜(おばま・北朝鮮から

帰ってこられた地村家族のおられる町)が舞台なんですが、「~け」っていうセリフが多いんですよ。

「私と同じだ」と思って、とっても喜んで見てます。




20071016035032.jpg



ランキング参加中です。ぽちぽちっとよろしくお願いします。人気ブログランキング・近畿  にほんブログ村 日本史

関連記事
スポンサーサイト

京都人気ブログランキング
05:32 | JR 向日町・長岡京・山崎 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
親鸞、蓮如、山科本願寺 | top | 石田の杜と承久の乱

Comments

# 長岡京、地名すごい優雅です
長岡京という地名はとても優雅でなにか歴史にゆかりがあるのではと大阪時代から考えていましたが、実際に西暦784-794の10年間都が置かれたことは知りませんでした。
京都の歴史って本当に深みがありますね。
ブログ、さらに東京駅・上野駅の寝台特急中心に特集組みましたのでお暇なときにみてください
by: HIROさん | 2007/11/07 10:17 | URL [編集] | page top↑
# 歴史ある街ですね
こんばんわ~☆

「長岡京」、地名は良く存じておりますが、街並みを拝見した
のは初めてでした。 隣の山崎は、サントリーの醸造所がある
ので有名で、新幹線の車窓からも良く見えますね。

京都の紅葉、いいですね~♪
by: reev21さん | 2007/10/19 21:59 | URL [編集] | page top↑
# おどろきです~!
京都ふらりさん こんばんは~!!

ええ~~っ たぬきうどん って、京都では、
あんかけうどんのことなんですね。。。。
関東では、揚げ玉入りのうどんですが、あまりありません。
しょうがのたっぷり入ったあんかけうどん 無性に食べたくなりました。
今週中に、美味しそうなうどん屋さん 探します~~
(*´▽`*)ニコッ
by: マリアさん | 2007/10/18 19:05 | URL [編集] | page top↑
#
>ゆったり人様
たぬきうどんは全国でいろいろと化けるそうですね。

>vitomatic様
「ほっこり」はよく使いますが、「はんなり」を日常会話では使うことはないですね。やっぱり舞妓ことばなんでしょうか?

>sachikogirl様
和久井さんは関西人じゃないようなかんじですよね。確かに他の人は自然ですね。

香川も東で「そやけん」が、西では「そやきん」になりますよね。山を越えて高知にいくと「そやきに」なるんですよね。

>けた様
関東でカップラーメンたべたことはないですね。
昔、池袋でたべた山田屋うどんのおつゆが黒かったのは覚えています。
関西は江戸時代から物資があつまり、だしをとることが簡単にできたんでしょうけど、関東は醤油や味噌の大豆の味で食べたんじゃないでしょうか。

>みお様
あたたかいたぬきうどん、ご自宅で作ってみなさんで食べてください。うどんのおつゆに、片栗粉を水で溶いたのをまぜるだけです。土しょうがをおろしていれるんですよ。

>とうしろ様
ぎおんや舞妓さんのことにはずいぶんお詳しいようですね~


by: 京都ふらりさん | 2007/10/18 07:51 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは。
長岡京も方言の違いも興味深く拝見しました。面白いです。
たぬきうどんがこうも変化するというのも...
頼んで予想外のものが...ってありそうですね。
本日もポチ!
by: ゆったり人さん | 2007/10/18 01:58 | URL [編集] | page top↑
#
たぬきうどんのお話・・・初めて知りました。
東京では京都ブームとよばれ、いろんな広告媒体
などで、「ほっこり」とか「はんなり」とか
使われています。
どういう意味かと調べてみましたが、いずれも
東京で使っている、音のイメージからくる意味
とは本来の意味は違うそうですね・・・。
by: vitomaticさん | 2007/10/18 01:07 | URL [編集] | page top↑
#
四国だって、山ひとつ越えると方言が全然違います。外の方は同じなのでは?といわれますけど。言葉って面白いですね。
「ちりとてちん」私も見てます。おもしろいですよね。
ただ、お母さん役の和久井さんの福井弁だけがすっごーく耳につくんですけど、あれはかなりデフォルメしているんですか?他の方のは気にならないのになあ~と毎朝思ってます。
地元コトバに一番近いのは誰なんでしょう??
by: sachikogirlさん | 2007/10/17 21:23 | URL [編集] | page top↑
#
たぬきときつね、関東と関西だけでも違うのに 京都と大阪でも違うなんて目が白黒してしまいます。
私は関東文化圏なので 単純に
きつね=御稲荷さんのキツネは揚げが好き
タヌキ=天ぷら種抜き(たぬき)で揚げ玉
と、覚えていました。
ややこしいですねぇ。
http://okwave.jp/qa96735.html

関東と関西のカップうどんは味が違うのはご存知ですか?
関東の赤いキツネは揚げが甘いんです。
関東のは薄くて上品なのでこれに関してのみ言えば 物足りないですねぇ。
by: けたさん | 2007/10/16 23:21 | URL [編集] | page top↑
# そうですよね!
わ~、たぬきうどん懐かしいですねぇ。
私も子供の頃からよく食べていました。
きつねよりもたぬき派でした♪
あんかけ、すっごくあったまって冬には最高に
美味しく感じますね。
久しぶりに食べたくなってきました(笑)

言葉の違い。確かにありますね。
当たり前に使っていた言葉でも、改めて考えると
とても面白く思えてきました。
「~け?」も懐かしかったです(笑)

応援ぽちぽち。
by: みおさん | 2007/10/16 14:13 | URL [編集] | page top↑
#
こんちは
京都の言葉ですか
一度おぼえちゃうと
抜けないんですよね
苦労して憶えたのに・・・^^;

舞妓はんの使う言葉もいいですよね
「にぃさんにぃさん、
 そんなことおへんで・・・」なんてね^^
by: とうしろさん | 2007/10/16 09:37 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/268-d31c0f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)