ふらり京都、旅して日本 赤穂浪士と大石神社

赤穂浪士と大石神社

京都市山科(やましな)区、大石神社近く。ぶどうのおいしい季節ですね。
20071004161755.jpg

  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


京都地下鉄東西線・椥辻(なぎつじ)駅。一日利用客1万3千人。
20071004065944.jpg






地下鉄東西線は、山科区のメインストリートである外環状線の下を南北に走ります。駅上には区役所。
20071004070023.jpg






西へ1.5キロほど歩いたところにある大石神社
20071004070048.jpg





赤穂浪士・大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)を祀っています
20071004070104.jpg




1701年、参勤交代制度で、各地の大名も一年毎に江戸にて幕府仕えがあった時代の話です。



今の兵庫県の赤穂藩の大名、浅野内匠頭は、江戸にて、旗本・吉良上野介の指南の下で、

朝廷からくる天皇の使者をもてなす準備をしていました。



ところが使者の来る3月14日の朝、浅野は吉良にいきなり斬りかかりました。

傷は浅かったものの、将軍綱吉は浅野に切腹を申しつけました。



家老であった大石内蔵助たち浅野の家臣は、

「殿様が斬りかかるほどのこと、吉良によほどの原因があったに違いない。」と思いながらも、

藩が取り壊しになり、全国に浪士として散りました。




内蔵助はこの京都山科に落ち着きながら、浪士たちと連絡を取り合い、

「殿の思いを我々の手で遂げよう」と仇討ちの時を待ちました。



翌年12月14日、江戸に集まった47人の浪士は吉良邸に押し入り、吉良の首をとって、浅野の墓に供えました。

もちろん47人は捕らえられ、切腹となりました。





20071004070126.jpg






なぜか神社に子馬がいます
20071004070213.jpg






内蔵助の人形
20071004070235.jpg






平成13年、キムタクもお参りになったことがあるようです。
20071004070154.jpg





大石神社のすぐ南にある岩屋寺。内蔵助が討ち入りの前に隠れ住んだお寺です。
20071004070257.jpg





内蔵助もこの水を飲んだのでしょうか。
20071004161717.jpg






内蔵助も見た山科の町。300年前は田んぼばかりだったでしょうね。
20071004070314.jpg

このブログ、最初は鉄道ブログだったのですが、最近、歴史ブログの様相を呈してきた感じです。



ランキング、ぽちぽちっとおねがいします。m(_ _)m
 
人気ブログランキング・近畿 にほんブログ村・京都情報






powered by
地図Z


関連記事
スポンサーサイト

京都人気ブログランキング
17:13 | 地下鉄 東野・椥辻・小野 | comments (11) | trackbacks (0) | edit | page top↑
中大兄皇子の御陵 | top | 祇園の新橋、白川

Comments

#
大石神社ですか‥‥。神社の存在は知りませんでした。
祀られるのもなるほどと思います。
未来永劫語り継がれるのでしょうね。
いつも応援ありがとうございます。
by: 昭雄さん | 2007/10/06 10:53 | URL [編集] | page top↑
# そろそろ登場の季節か
おはようございます☆

大石内蔵助といえば、年末恒例の超有名人。 そろそろご登場
の時期ではないかと思います。

京都にもこういった歴史遺産があるなんて、初めて知りました。
by: reev21さん | 2007/10/06 09:04 | URL [編集] | page top↑
#
>このブログ、
最初は鉄道ブログだったのですが、
最近、歴史ブログの様相を呈してきた感じです。

すばらしいじゃないですか!
でもわかります。
京都ってとこは、町内をちょっと歩いただけでも
何かしら由緒あるものにぶつかっちゃいますからね。
そんでもって、そんな場所には
たいてい隠されたドラマがあるわけで、
それを知ってるのと知らないのとでは、
印象が全く違ってきますもんね。
ふらりさんは素通りしそうな場所でも、
ひとつひとつ丁寧に紹介して下さり、
大変ありがたいです。
by: 鉄子かあさんさん | 2007/10/06 08:36 | URL [編集] | page top↑
#
京都に行くと、いつも「もっと歴史を知っておくんだった!」と思います(・・がそのまま)。日本史選択だったんですがねえー。
大石神社覚えときますー!
by: sachikogirlさん | 2007/10/05 22:25 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんわー
わたしは赤穂城に行ったことがあるん
ですよ。優秀な方々が理不尽な運命で
貴重な命を失って、とっても残念です。
by: 花さん | 2007/10/05 19:49 | URL [編集] | page top↑
#
>北海道人様
私はじっくり忠臣蔵のドラマ見たことなかったです。今年の年末もあるかな?

>ゆったり人様
大願成就させたいことがあれば是非お越し下さい。

>とうしろ様
娘さん、山科ですか。
とういうことはとうしろさんもよく京都に来られるのかな?

>みお様
調べれば調べるほどおもしろいんですよ、歴史って。

>マリア様
まあ観光客は、ほとんどいないと思いますが、車で通った際にでもお寄り下さい。
by: 京都ふらりさん | 2007/10/05 19:26 | URL [編集] | page top↑
# ほほう~~!
京都ふらりさん こんにちわ~ヾ(*^▽^*)ゞ

実は、私、子供の頃から時代劇ファンでして。。。^^
忠臣蔵 勿論 好きです~~!!
大石神社が 山科にあるんですね。。。。
知りませんでしたわ。。。。
機会みつけて、行ってみたいとおもいます~☆彡
by: マリアさん | 2007/10/05 14:33 | URL [編集] | page top↑
# 本当に勉強になります。
京都ふらりさんの「歴史ブログ」、私はとっても
大好きですよ~♪
今回もまた一つ一つの写真と文章を拝見させて
いただいているうちに、吸い込まれていきました。
赤穂浪士のお話、私はよくは知らないのですが
この機会に映画等を観てみようと思いました♪

面白かったです♪応援ポチポチ♪
by: みおさん | 2007/10/05 11:57 | URL [編集] | page top↑
#
京都に住んでいた頃、大石神社は気になるところでした。こんな歴史があったんですね。
山科に娘がいてますから、今度行ってみますね
by: とうしろさん | 2007/10/05 06:16 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは。
あの有名人の神社が存在するのですね、初めて知りました。
勉強になります。
それになるほど、大願成就のご利益ですね^^
(ポチ!)
by: ゆったり人さん | 2007/10/05 00:07 | URL [編集] | page top↑
# 勉強になりますね。
毎年暮れになると放映される忠臣蔵、ストーリーは分かっていても何故か見てしまう‥日本人の好みなんでしょうね。今回もなるほどと頷いてしまいました。
by: 北海道人さん | 2007/10/04 21:01 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/260-c6c2bbd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)