ふらり京都、旅して日本 龍安寺、萩と石庭・その2
FC2ブログ

龍安寺、萩と石庭・その2

龍安寺の石庭
20070920170230.jpg
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



前回の続きです。


さて、「庫裡(くり)」というお寺の最も主たる建物に入ります。

「雲関」。雲への玄関という意味だそうです。まさにこの龍安寺は天に通じている雰囲気。
20070920170046.jpg


廊下を渡って方丈(住職の居る処という意味)へ。
外人さん多いですね。約30年前、エリザベス女王も来て、絶賛されたとのこと。
20070920170108.jpg


これが方丈の石庭。この数ヶ月いろんな寺庭をみてきましたが、ここは他と違い、非常に簡素な印象。
20070920170150.jpg

石は全部で15個ですが、5箇所に分かれています。
20070921212334



作者は不明。どう解釈するかはその人の自由で、この石庭自体が禅問答になっているようです。


私の解釈は・・・・・「琵琶湖に浮かぶ島々」なんていかがでしょうか。
それぞれの島に、人や生き物の生活があるような感じがします。

20070921211102.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


方丈を出てしばらく歩くと、
20070920170436.jpg

白い塔。「バゴダ」ですって。ビルマ(ミャンマー)式の仏塔のこと。
20070920170456.jpg


このパゴタは昭和45年に建てられました。
そのときの住職が、若い頃ビルマ戦線に参加されたとのこと。
ビルマ戦線は病気や飢えで多くの兵士が亡くなられたと聞きます。
終戦から25年間ずっと、戦友たちを心の中で供養し続けられておられ、
やっとの思いで建てられたのでしょう。

ひょっとしたら、なくなった戦友たちのために僧になられたのかもしれません。
20070920170515.jpg

バゴタの中の仏様。塔の白さは異国風ですが、仏は同じ顔。
20070920170535.jpg



お気に入りいただけたら、ランキングにご協力お


関連記事
スポンサーサイト



人気ブログランキング→ここをクリック
04:56 | 京福 龍安寺・妙心寺 | comments (14) | trackbacks (0) | edit | page top↑
トロッコ嵯峨駅 | top | 龍安寺、萩と石庭・その1

Comments

#
こんにちわ。ふらりさんはいつも週末にお出かけになるとのことですから 石庭も混んでいたんじゃないかと想像しています。
あそこを人をよけてキレイに写真に収めるのって結構大変ですよね。
左角のところはいつも人がシャッターチャンスを狙って列ですし。
この小さな空間に、人はなにを見出しているのか 石庭を眺めている人の心を覗いてみたくなります。
by: けたさん | 2007/09/25 08:27 | URL [編集] | page top↑
#
みなさま、ご訪問・コメントありがとうございます。

花様
禅の世界ですから、造った人も、いろいろに解釈できるようにしたんだと思います。

みお様
パゴダは順路から少し外れた所なんですが、印象的でした。

reev21様
字の凄さで「静かに!」って言ってるみたいです。

sachikogirl様
このあたりには金閣・龍安寺・仁和寺・妙心寺といいお寺が多いですね。

aster様
毎日本当にお仕事ご苦労様です。

とうしろ様
ここだけでなく、大徳寺や東福寺にも同じような石庭があります。是非行ってみて下さい。

masayuki216様
京都は宗教と伝統文化ではいまだ日本の中心です。是非いらっしゃってください。

キョン様
入院中は携帯で見ていただいているんですか?
となると写真は写らないですね。
今日はパソコンからありがとうございます。
がんばってリハビリして下さい。

じゅん様
かなり京都はお詳しそうですね。
何度もいらしているんですね。

つじ様
壁の裏側の写真は外からとりました~
茶色かったです。

たまかずら様
いつもながらすばらしい感性をお持ちですね。
私など全く思いつかない表現をされます。

vitomatic様
ここは何時間いても大丈夫だと思います。
いつもはガヤガヤしている町にくらしていても、
お寺はほんと別世界です。
by: 京都ふらりさん | 2007/09/24 11:30 | URL [編集] | page top↑
#
白い庭・・・まさに京都!という感じです。
この微妙な「空間」が、確かに何かを考え
させる雰囲気ですね。
静かな時間のなかで、自問自答してみるのも、
京都のお寺での楽しい時間の過ごし方ですね。
by: vitomaticさん | 2007/09/24 01:37 | URL [編集] | page top↑
# ここは別格ですね
こんばんわ。
枯山水の良さを初めて知ったのは
やはりここでしたね。
私は色から魅力を感じました。
周囲の陰影の「黒」と玉砂利の「白」
そして少しの緑の絶妙な調和にぎょっとしました。
まさに神秘の世界ですよね。
by: 玉鬘(たまかずら)さん | 2007/09/24 00:14 | URL [編集] | page top↑
#
庭園の土壁が歴史を感じさせますね
土壁に張り付くくらいのアングルで撮影できたら良かったですね^^
でも庭に下りての撮影は許可されてないでしょうね。。。
ぽちッ!
by: つじさん | 2007/09/23 20:00 | URL [編集] | page top↑
#
やっぱり龍安寺の石庭はいいですねー。
いつ見ても心が落ち着きます。
ありがとうございましたー♪
by: じゅんさん | 2007/09/23 17:04 | URL [編集] | page top↑
#
久しぶりです☆
外泊中なので、今日はPCから☆

凄い 達筆な…でも読めない(泣

てよりも石庭?は凄い!!!!!
プロの技ですよね・・・
by: キョンさん | 2007/09/23 15:16 | URL [編集] | page top↑
#
はじめまして、
あし@からの訪問です。
素晴らしい写真の数々に見とれてしまいました。
いいですね~京都、未だ1度も行ったことないんです。。
また訪問するので宜しくお願いします。
by: masayuki_216さん | 2007/09/23 10:43 | URL [編集] | page top↑
#
おはようございます
この石庭は何度見ても新鮮ですね
不思議なお庭です
by: とうしろさん | 2007/09/23 06:39 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは~☆
ご無沙汰しております。
素敵な石庭ですね。
本物を見たら、心が落ち着きそうな気がします。
毎日、ドタバタの生活ですから
違う世界に行ってみたい様な。
by: asterさん | 2007/09/23 00:36 | URL [編集] | page top↑
#
石庭は行く度に、違う風景に写るような気がします。
まだまだひよっこの私には難しいですけど・・。
禅つながりで↓
このあいだ妙心寺行ってきました。またアップしようと思ってます。
by: sachikogirlさん | 2007/09/23 00:20 | URL [編集] | page top↑
# 書の力強さは初めて見ました
こんばんわ☆

誰もが知っている有名な庭園ですが、書は初めてでした。
力強い書です。庭園の空間を引き締めているような、そんな気
がします。 仏舎利塔があるのもはじめて知りました。
by: reev21さん | 2007/09/22 23:32 | URL [編集] | page top↑
# 時間を忘れて…
やはり何度見ても素晴らしい庭園ですね。
並べられた石にどういう意味合いがあるのか
いろいろと考えてみましたが、すぐには思い
浮かびませんでした…(汗)

バゴタ。少し胸が苦しくなるような気がしました。
戦争…もう二度とあってはならないコトですね。

応援ポチポチ。
by: みおさん | 2007/09/22 14:35 | URL [編集] | page top↑
#
きっと15の石の一つ一つに深い意味があるんでしょうね。
何だろ~??
by: 花さん | 2007/09/22 06:36 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/253-70061c73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)