ふらり京都、旅して日本 上越3、春日山城・上杉謙信
fc2ブログ

上越3、春日山城・上杉謙信

上杉謙信が生まれ、生涯居城とした春日山城
DSC05915.jpg
  
*****
**

*****
*******


もう6月も下旬。
ついこの間咲き始めたと思ったアジサイが、
もう枯れかかってます。
早いな~


・・・・・・・・



記事は5月末の新潟県上越市、その3
DSC05834.jpg



上越市は1970年、港町・直江津と城下町・高田が合併してできましたが、この駅はその中間。
DSC05838.jpg



DSC05839.jpg


奈良・平安時代から、越後の国の府は、この付近、とくに直江津あたりに置かれていました。



今でも国府という地名が残ります。


・・・・・・・・・



駅から車で数分のところに春日山神社
DSC05881.jpg



石段を上りきったら本殿
DSC05883.jpg



DSC05884_2023062515065527d.jpg


祭神は戦国大名・上杉謙信
DSC05885.jpg




DSC05887.jpg




DSC05911.jpg



本殿前からの景色。晴れならもっと見えるのでしょうね。
DSC05904.jpg




・・・・・・


上杉家は足利家の親族で、代々室町幕府の関東官領の職にあり、
武蔵、相模、上野、越後を治める守護大名でした。
(居城は上野、すなわち今の群馬にあったそうです)

越後は家臣の長尾家が、
この春日城にて守護代を務めていました。

謙信はは守護代・長尾為影の四男として1530年に生まれ、
虎千代と名付けられて、城の麓にある林泉寺に預けられ、
元服すると長尾景虎と名乗りました。

当時は越後の中でも内乱が多く、
景虎は、15歳で、栃尾城(現長岡市)に入り、
大将として、攻め入る敵に勝ったそうです。

その後、越後の国をほぼ統一し、
22歳のとき将軍の命で越後国の守護となって上杉家を継ぎ、上杉政虎と名乗り、
改名して上杉輝虎、出家して上杉謙信と名を変え、
この春日山城を生涯拠点として、戦国武将として名を上げました。


DSC05915.jpg



特に、甲斐・武田信玄との20年にわたる川中島の戦が有名ですね。
DSC05918.jpg



5回の大きな戦があったとのことですが、川中島は今の長野市にあり、この上越からは比較的近い所。
武田がいた甲斐の甲府からはやや遠いので、居城からの距離だと上杉が有利だったかも。



・・・・・・



山の標高は180m、頂上に本丸、天守。
DSC05914.jpg



頂上は雲がかかり見えません。
DSC05919.jpg



最初はアスファルト道、途中から山道。ここは三の丸。
DSC05927.jpg



雨に濡れたアジサイ、いいですね。
DSC05929.jpg




DSC05930.jpg




DSC05931.jpg



謙信は49歳のとき突然倒れそのまま死去。
DSC05933.jpg



上杉家は甥の景勝が跡をつぎ、
秀吉の重臣となって、その後、五大老にもなったものの、
関ケ原の戦で西軍についたので、戦後は米沢藩30万石に移封されました。
その後、さらに石高は減ったものの江戸幕末まで上杉家は続きました。


DSC05932.jpg




DSC05934.jpg




DSC05989.jpg


・・・・・・・




さらに上ります。
DSC05940.jpg



二の丸。
DSC05941.jpg



「敵に塩を送る」ということわざがあります。

当時、山国である甲斐の武田は、
日本海側の越後・上杉だけでなく、太平洋側の駿河・今川とも対立していました。

ふだん、駿河の今川から塩を買っていた甲斐ですが、
対立が激しくなり、今川が甲斐へ塩を売ることを禁じため、
甲斐の人々は塩不足で困りました。

そこで越後の謙信は自分の敵でありながら、
甲斐に塩を送ったそうです。


DSC05994.jpg



この話が本当かどうかは色々説があるようですが、
たとえ作り話でも、謙信なら、きっとこうしただろうと、
義を重んじる謙信の人柄を物語る逸話のようです。


「武将同志は戦うけれど、一般庶民は関係ない」ということを、
十分にわかって、実践したのでしょうね。


DSC05990.jpg


・・・・・・・

もっと上ると、
DSC05943.jpg




天守閣があった本丸。
DSC05971.jpg



謙信はここで暮らしてたんですね。どんな毎日だったのかな。
DSC05969.jpg




DSC05959.jpg



大河ドラマを見ていると、武田信玄はよく登場しますが、上杉謙信はあまりでてこないので、詳しいことを知りませんでした。
DSC05957.jpg




でも今回、とてもいい勉強になり、ちょっとうれしいです。
DSC05972.jpg


・・・・・



帰り道。道端に咲くのは、
DSC05948.jpg



アザミ。アザミと言えば隠岐の島を思い出すな~
DSC05949.jpg




DSC05966.jpg




DSC05965.jpg



雨が似合う春日山城でした♪
DSC05981.jpg
関連記事
スポンサーサイト



16:29 | 新潟 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
伊丹、昆陽池・瑞ヶ池・緑ヶ丘 | top | 上越2、松代、星峠の棚田

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1858-887df404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)