ふらり京都、旅して日本 陶器の町、常滑
fc2ブログ

陶器の町、常滑

DSC05239.jpg
  
*******
*****

*****
*******


梅雨ですね。

道端のアジサイが雨に濡れて、
とても綺麗です。

ついつい写真を撮るのに夢中になってしまいます。


・・・・・・・・


さて記事は5月の愛知県、常滑
DSC05213.jpg



常滑は、13年半ぶり2回目
DSC05211.jpg



常滑といえば陶器
DSC05217.jpg





・・・・・



駅のすぐ南西にある丘には「やきもの散歩道」があり、窯元もいくつもあります。
DSC05239.jpg



常滑は古来から良質の粘土が産出され、陶器の生産が盛んでした。
DSC05255.jpg



常滑の「常」はもともと「床」と書き、地面や土のことを意味し、土が滑らかだったので「とこなめ」と言われるようになったそうです。
DSC05262.jpg



明治になってからは土管やタイルなども作られ、明治20年創業の伊奈製陶(後のINAX,現LIXIL)が有名。
DSC05264.jpg





・・・




土管阪
DSC05287.jpg



石段に写る自分の影
DSC05293.jpg




DSC05234.jpg




・・・・・・・




いい屋根と煙突ですね。煙が上がるのを見てみたいな。
DSC05300.jpg




DSC05292.jpg



芸術家さんもいるのかな。
DSC05298.jpg




DSC05309.jpg




DSC05312.jpg




DSC05310.jpg






・・・・・・・・


DSC05317.jpg




DSC05315.jpg



登り窯
DSC05318.jpg



信楽や瀬戸にもありました。燃焼効率がとてもよく、いい陶器が焼きあがるとのこと。
DSC05327.jpg




DSC05325.jpg




DSC05326.jpg



煙突
DSC05335.jpg


・・・・・




昭和の頃の看板
DSC05339.jpg



最近、風鈴も見なくなったな。
DSC05341.jpg




DSC05343.jpg




DSC05353.jpg



DSC05392.jpg




DSC05367.jpg



・・・・・



丘の上から町を見下ろす招き猫
DSC05381.jpg



DSC05396.jpg




DSC05400.jpg




DSC05407.jpg




DSC05402.jpg



久々の常滑でしたが、
DSC05414.jpg



前回と景色は変わらず、懐かしい昭和を感じられてよかったです♪
DSC05415.jpg
関連記事
スポンサーサイト



04:17 | 愛知 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上越1、高田城、サツキ | top | 大阪、立売堀・どてらい男

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1855-18662946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)