ふらり京都、旅して日本 真田丸、茶臼山
FC2ブログ

真田丸、茶臼山

20201025_111245.jpg

  
*******
****
*****
********


京都の紅葉も終盤。

今年は葉が落ちるのがちょっと早かった印象です。

温暖化なら遅くなるはずなのに。

自然界では私たちではわからないことが起こってるのかな。


・・・・・・・・・・



さて記事は10月下旬の大阪、上町台地のランニング、その4



四天王寺を後にして谷町筋を横断すると、
20201025_105216.jpg



浄土宗・一心寺
20201025_112210.jpg


法然が草庵を結んだがのが始まりとのこと。
20201025_112015.jpg


大正8、9年流行性感冒病死者供養塔。大正8,9年というと1919、1920年。
スペイン風邪と呼ばれたインフルエンザですが、世界で5億人が感染し、1億人がなくなったとか。
20201025_112158.jpg


今年2020年は、世界中でコロナウイルスが猛威を振るっています。
ちょうど100年だなんて、偶然なのでしょうか。
20201025_112039.jpg








・・・・・・




一心寺の南に隣接する天王寺公園内には、茶臼山
20201025_105859.jpg


山というより、周囲と比べると高さ数メートルの小高い丘。
茶臼山という名前は知っていましたが、こんなところにあったんだ。
20201025_110910.jpg


ここは徳川と豊臣が戦った大阪の陣で、真田幸村が陣を張ったところ。
20201025_110114.jpg


2017年のNHK大河ドラマ「真田丸」では主人公だった真田幸村
20201025_110932.jpg



もともと徳川は豊臣の家臣でしたが、
秀吉の死後、関ケ原の戦で逆転し、
徳川が将軍で、豊臣は大阪のみを領地とする一大名になってしまいました。

ところが秀吉の妻であった淀君や跡取りの秀頼がそれに不満を持ち、
徳川に反旗を翻したのが大阪の陣。
結局は数で劣る豊臣の敗北となり、豊臣家は途絶えました。


20201025_110938.jpg



秀吉の家臣であった真田幸村は、関ケ原の戦でも西軍につき、
敗れて高野山の麓に十数年蟄居していたものの、大阪の陣ではそこを抜け出して豊臣につき勇敢に戦いました。
20201025_110948.jpg



最後はここに陣を張り、真田丸砦として果敢にたたかいましたが、疲れ果てているところを討たれたとのこと。
20201025_111056.jpg










・・・・・・




桜の黄葉

20201025_111109.jpg




山の横には池もあるんだ。
20201025_111245.jpg


この日も、難波宮、生國魂神社、四天王寺、茶臼山と、初めて訪れるところばかりで、
いろんな歴史に触れることができ、とても面白いランニングでした♪
20201025_111128.jpg




関連記事
スポンサーサイト



18:25 | 大阪 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
近江八幡、八幡山縦走 | top | 四天王寺、極楽浄土の庭

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1646-e47162d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)