ふらり京都、旅して日本 奥祖谷、二重かずら橋
FC2ブログ

奥祖谷、二重かずら橋

DSCN3161.jpg
  
**********
**********

****
****

10月になって今年初めて台風がやってくるようです。
逸れてくれますように。


・・・・

さて記事は9月下旬の四国その2



剣山を下山したあとは、国道438号線で少し西へ。すると、奥祖谷(おくいや)かずら橋
DSCN3131.jpg


標高1018m!
新しいフォルダー






・・・・・・・・・・



谷へ下りていきます。
DSCN3132.jpg



見えますね。
DSCN3135.jpg



DSCN3136.jpg



男橋と女橋があるので「二重かずら橋」とも呼ばれます。
DSCN3200.jpg



架けられて800年。平家の落人が架けたのが始まり。普通「かずら橋」といえば西祖谷のをさしますが、ここはもっと奥地。
DSCN3203.jpg


まずは男橋。当初は馬の訓練のため架けられたとのことですが、永く残っているのは住民の生活のために使われたからですね。
DSCN3138.jpg  

かずらとは、この植物の名前。この長くて太いつるを束ねて橋にしています。
新しいフォルダー (2)



水面まで十数メートル。結構高いです。
DSCN3146.jpg




DSCN3151.jpg



DSCN3148.jpg



DSCN3194 (2)




・・・・・・



100mほど上流には野猿
DSCN3160.jpg



この屋根付きかごにのって人が行き来します。
DSCN3158.jpg





   DSCN3159.jpg  



川の真ん中までは引力で進みますが、それからは手の力でワイヤを引きながら進みます。
新しいフォルダー (3)



DSCN3167.jpg




・・・・・・・




男橋と野猿の真ん中にある女橋。
DSCN3196.jpg


男橋より少し小さめ。
DSCN3185.jpg


川面からも近め。
DSCN3189.jpg


木の葉はまだ青葉
DSCN3171.jpg


水はとても綺麗にしぶきを上げます。
DSCN3177.jpg


標高1000mの奥祖谷かずら橋。
この山奥でも工夫しながら人々が暮らしてきたんだっというのを本当に実感しました♪
DSCN3169.jpg
関連記事
スポンサーサイト



18:47 | 徳島 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
祖谷かずら橋、大歩危 | top | 剣山

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1627-da8d884c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)