ふらり京都、旅して日本 東大阪2、枚岡公園、枚岡神社
FC2ブログ

東大阪2、枚岡公園、枚岡神社

20200702_151938 (2)
  
******
*******

****
*****


梅雨が明けて猛暑到来。
京都の予報は30度台後半。
梅雨が長かったので、夏は短いでしょうね。
なんとか我慢できそうな感じです。


・・・・


さて記事は7月上旬の大阪府東大阪、その2。



石切神社のあとは、石切より一つ南の額田駅へ
石切 104



石切 106


駅から坂を上がると、
石切 115


大阪平野が。
石切 109



石切 113





・・・・・・・・・



お寺にほぼ隣接して、枚岡公園(ひらおかこうえん)
石切 116



石切 127



石切 119


アジサイ園
石切 131



石切 132



石切 136



石切 140



石切 144



石切 149





・・・・・・・・・・




公園の中の道を南へ進むと、枚岡神社。
祭神は春日大神4柱である天児屋根命(アメノコヤネ)とその比売神(妻)、武甕槌命(タケミカヅチ)、経津主命(フツヌシ)、
石切 152



神話上、神々の中で最初に天から降りてきたイザナギが火の神カグッチの首を切り落としたときに、
その血から生まれたのがタケミカヅチで、その子がアメノコヤネ。
20200702_151231.jpg



アメノコヤネはアマテラスが天の岩戸にかくれたときに、岩戸の前で祈りを挙げた神であり、
天孫降臨でも天の神々からニニギを助け護るよう使命をうけ、その責務を果たしました。
そしてその子孫が藤原氏となり以後も天皇家を支えます。
20200702_151700.jpg


奈良に平城京ができ春日大社が建てられたときは、この枚岡神社からアメノコヤネと比売神が請霊されたとのこと。
すなわち、アメノコヤネを祀るのはこの神社が総本社。
20200702_151315 (2)


タケミカヅチはオオクニヌシの国譲りの際、アマテラス側の使者として天から降り、
オオクニヌシの子・タケミナカタと力比べをして勝ち、国譲りを成功させました。

尚、古事記ではフツヌシはタケミカヅチの別名で同一人とされ、
日本書紀ではこのふたりは別人であるものの、
タケミカヅチと力比べをしたのがフツヌシとされています。

タケミカヅチは鹿島神宮で、フツヌシは香取神宮で、
共に藤原氏の武神として祀られてます。




・・・・・・・


神社に隣接する公園
20200702_164852.jpg



早咲きのコスモス
20200702_152000 (2)



20200702_151801 (2)



20200702_152029 (2)



20200702_152323 (2)



気持ちいい夏の日差しでした♪
20200702_151938 (2)
関連記事
スポンサーサイト



08:18 | 大阪 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
東大阪3、花園ラグビー場 | top | 東大阪1、石切神社

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1616-c363355a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)