ふらり京都、旅して日本 東大阪1、石切神社
FC2ブログ

東大阪1、石切神社

石切 082
  
*******
*****
*******

******


8月に入りました。
昨日やっと近畿地方も梅雨明け。
これから暑くなりそうです。

でもコロナ第二波、まだ増えていますね。
みなさん、気を付けましょう。


・・




さて記事は7月3日の東大阪市、石切。


あれに見えるは大阪と奈良を隔てる生駒山。
石切 005


もちろん、このあたりを訪れるのは初めて。
石切 007


旧河澄家。
石切 024





石切 027


庄屋さんの家だそうです。
石切 016



石切 010


立派なお家に住んでおられたんだ。
石切 014



・・・・・・・



さて山の麓まで走ると、
石切 035


大阪の街が見えます。
石切 037


ハルカスがすぐそこに
石切 039



近鉄はここからトンネルに入り奈良へ
石切 045






・・・・・・・・・・・


駅から少し坂を上がると、
石切 047



石切神社、上之宮
石切 048



石切神社の正式名は、石切劔箭(いしきり・つるぎや)神社
石切 049



石切 054



・・・・・・・・



駅の方に戻ると、参道商店街
石切 070



石切 076



石切 075



石切 079



石切 090



石切神社本社。主祭神はニギハヤヒとその子ウマシマヂ
石切 081

神話によると、、
天神アマテラスの孫であるニギハヤヒは、
アマテラスから十種の瑞宝をさずかって、
天からこの河内の国に降りました。

そして人々に農耕や服飾や鉄器などを教え、
ここを豊かな平和な土地にしたところ、
この地を治めていたナガスネヒコはニギハヤヒを崇拝し、
自分の妹を嫁がせ、ウマシマヂが生まれました。


やがて神武天皇が神武東征で西からやってきたとき、
神武天皇のことを知らないナガスネヒコは、
国を譲ることを受け入れず、戦いになりました。

神武天皇は劣勢で兄も矢を受け重傷となり一旦引き下がり、
昇る太陽に剣を向けて戦ったからうまくいかなかったのだと考え、
紀伊半島を経由して熊野から大和に入り、
太陽を背にして再びナガスネヒコに河内の国を譲るように言いました。

そのときは、ニギハヤヒは亡くなっておりましたが、
子のウマシマヂが、父から受け継いだ持ち物を見せると、
天神アマテラスの子孫同志ということがわかり、
ナガスネヒコは土地を天皇に譲りました。

その後、ウマシマヂの子孫が物部氏になったとのこと。


石切 082



お百度参りが有名なのかな。
石切 085



初めての石切。郊外ながらも古い感じが残ってるいい所でした♪
石切 086
関連記事
スポンサーサイト



08:12 | 大阪 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
東大阪2、枚岡公園、枚岡神社 | top | 大津、穴太、高穴穂宮跡

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1615-fd995b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)