ふらり京都、旅して日本 西国街道3、桜井駅跡
FC2ブログ

西国街道3、桜井駅跡

20200613_150709.jpg
  
*******
******
******
*******


7月に入りました。
さすがに梅雨だけあって、よく降りますね。

なんか今年の梅雨は雨の勢いが強い感じがするのは、
私だけかな?


・・・・・・・





さて記事は西国街道2


水無瀬神宮を訪れた後は、淀川の河岸へ
20200613_150605.jpg


川の向こうには男山
20200613_150644.jpg


大阪方向には高層ビル。多分あれは枚方の樟葉あたり。
20200613_150654.jpg


京都方向
20200613_150709.jpg



・・・・・・・・・



西国街道に戻り、高槻に向かってランニング再開
20200613_151502.jpg



新しいフォルダー7


JR島本駅
20200613_152624.jpg


この駅ができたのは10年程前かな。
20200613_153731.jpg






その島本駅の真ん前にあるのが、
20200613_152744.jpg



「桜井駅跡」
新しいフォルダー (2)6


駅は駅でも鉄道駅でなく、街道に置かれた、いわゆる「駅家」
20200613_153620.jpg



この説明によると、駅とは中央と地方の情報の伝達をするために、馬を置いた役所。
20200613_153021.jpg


この桜井駅はなんと奈良時代の初めからあったとのこと。
20200613_152835.jpg



楠木正成親子像。この像は吉野の後醍醐天皇陵と、四条畷神社でも見たことがあります。
20200613_153518.jpg


建武の新政が破綻し、足利尊氏と後醍醐天皇が戦をしたとき、
天皇方の武将・楠木正成は決戦に向かう前、
跡取りを残すことを考え、息子とここで別れ、家のある河内へ帰しました。


その後、正成は神戸・湊川の戦で破れ亡くなりましたが、
自分は死ぬ覚悟があったからこそ、子を家に帰したのですね。


700年続いた武士中心の日本において、
天皇のために命をささげた楠木正成は、
天皇に対する最大の功労者として、皇居前広場にも像が建ててあります。


20200613_153138.jpg






・・・・・・



さて桜井駅跡の道を挟んで隣には、歴史文化資料館
20200613_154925.jpg


なんか懐かしい感じがする道具ですね。我が家にも火鉢や餅つきの臼はありました。
新しいフォルダー (3)3



この日はまだ紫陽花が。
20200613_155228.jpg



「桜井駅」のこと、初めて知りました。この日も新しいことに出会えてうれしかったです♪
20200613_155240.jpg
関連記事
スポンサーサイト



20:38 | 大阪 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
西国街道4、上牧 | top | 西国街道2、山崎・水無瀬神宮

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1607-1450455a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)