ふらり京都、旅して日本 醍醐寺、上醍醐
FC2ブログ

醍醐寺、上醍醐

20191124_122046.jpg
  
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・


11月下旬の京都、山科川
20191124_110949.jpg


山科川から10分ほど東へ歩くと、山の麓に醍醐寺
20191124_111859.jpg


桜の黄葉
20191124_111933.jpg


山の麓の醍醐寺は下醍醐と呼ばれますが、この日は山を登って上醍醐へ
新しいフォルダー1




標高450mの山頂を目指します。もちろん、ここを登るのは初めて。
20191124_125935.jpg





・・・・・・・・



速足で30分ほど歩くと、最初にみえるのが上醍醐の寺務所。標高は400mくらいかな。
20191124_115827.jpg


聖宝(理源大師)は832年に瀬戸内海の本島(今は香川県)に生まれ、
空海の弟・真雅に弟子入りし、東大寺で修行、
その後も仏教を深く勉強しました。


20191124_124711.jpg


874年、この上醍醐の山頂に准胝観音を祀る准胝堂と、
如意輪観音を祀る如意輪堂を建てたのが醍醐寺の始まりで、
その後、薬師堂などが建てられた後、
聖宝の没後に、山の麓に金堂や五重塔が建てられ、
代々天皇の庇護をうけて栄えました。
20191124_124445.jpg


醍醐寺の鎮守社、清瀧宮。今の拝殿は1434年の再建で国宝
20191124_120018.jpg



20191124_120009.jpg


石段を上ると、
20191124_120116.jpg


清瀧宮本殿(重要文化財)。
20191124_120138.jpg


真ん中に見える祠は醍醐水と呼ばれる泉。この泉の水が僧たちの生活を支えたのでしょうね。
20191124_120339.jpg



20191124_120352.jpg



20191124_120325.jpg


薬師堂は1121年の創建で国宝
20191124_120523.jpg


さらに山を登ります。
20191124_120439.jpg


五大堂
20191124_123734.jpg



20191124_121601.jpg



祀られるのは五大力像
20191124_121156.jpg



20191124_121236.jpg



20191124_121431.jpg



・・・・・



さらに登って山頂へ
20191124_121641.jpg



20191124_121709.jpg



20191124_121729.jpg


如意輪堂。開山と同時に建てられたのが最初ですが今のは1606年の再建で重要文化財。
なお、准胝堂は再建されたものがあったものの約10年前に焼失。
20191124_121852.jpg



20191124_122037.jpg


山頂標識の前に立つのは開山堂。祀られるのは醍醐寺を開山した理源大師こと聖宝。
20191124_122202.jpg


20191124_121831.jpg


左は如意輪堂、右が開山堂
20191124_122046.jpg



20191124_121842.jpg








20191124_121911.jpg


すぐそばには、白川天皇の皇后らの御陵
新しいフォルダー (2) - コピー


一度来てみたかった上醍醐。いろんなことを知ることができ、きてよかったです♪
20191124_120607.jpg
関連記事
スポンサーサイト



人気ブログランキング→ここをクリック
21:46 | 地下鉄 醍醐・石田 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
唐招提寺、鑑真和上廟 | top | 山科神社、吉利倶八幡宮

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1574-7ade0bf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)