ふらり京都、旅して日本 山科神社、吉利倶八幡宮
FC2ブログ

山科神社、吉利倶八幡宮

20191124_104047.jpg
  
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・


今年の冬はまだ雪が降っていません。
地球温暖化のせいでしょうね。


地球の表面積は一定なので、1年間に宇宙へ放出できるエネルギーも毎年一定です。

産業革命前までは、太陽から得るエネルギ-だけで生活していました。

その太陽から得るエネルギーと地球内部から自然に発生するエネルギーの合計が、
放出エネルギーと等しくなり、地球表面温度は約15℃に保たれていました。

でも地下資源(石油、石炭、ウラン)を熱に変えるようになった現在、
それらの分だけ地球内部からの熱発生量が多くなっています。
放出できるエネルギーは変わらないので、
地球表面の温暖化が必然として生じます。

やはり太陽から受ける自然エネルギーで電気を起こす、
風力・太陽光発電を進めることですね。
そしてそれらから得るエネルギーの範囲内で生きることが必要です。

台湾やドイツなど、国によってはかなり進んでいるとのこと。
なかなか進まない日本、なんとかならないでしょうか。

国会では、与党はカジノや石炭火力発電建設など目の前の金儲けのことばかり考え、
野党は与党の足を引っ張ることばかり考えています。
きちんとこれからの地球全体のことを話し合ってほしいです。




・・・・・・・・・


さて記事は11月下旬の京都盆地と滋賀県の間にある山科(やましな)
20191124_100728.jpg


ここは山科盆地の西端にある岩屋寺
20191124_103318.jpg


ここを前に訪れたのは12年ほど前かな。
20191124_103445.jpg






岩屋寺の左手にあるのが山科神社の鳥居。ここへ来るのは初めて。
20191124_104047.jpg



20191124_104014.jpg


主祭神はヤマトタケル。京都ではちょっと珍しいかも。
20191124_103535.jpg


本殿は奥の方へ
20191124_103608.jpg



赤穂義士の大石内蔵助は赤穂藩廃藩で浪人になり、2年後の江戸の吉良邸討ち入りまで、このあたりに隠棲したとのこと。
20191124_103952.jpg



この神社にも討ち入り成功を祈願したでしょうね。
20191124_103714.jpg



20191124_103728.jpg



20191124_103758.jpg



20191124_103741.jpg



・・・・・・



さて山科神社から南へ歩きます。
20191124_104251.jpg


八幡宮ですって
20191124_105426.jpg


ここですね
20191124_105500.jpg


名前は、吉利倶(きりく)八幡宮
20191124_105512.jpg



20191124_105523.jpg


主祭神は第15代、応神天皇
20191124_105909.jpg


この神社へ来るのも初めて。
20191124_105902.jpg


山科は狭い盆地でもあるので、山を背にした立派な神社やお寺が多いですね。
20191124_105555.jpg



20191124_105855.jpg



20191124_105716.jpg



20191124_105658.jpg



20191124_105737.jpg



20191124_105654.jpg


いいお散歩でした♪
20191124_105731.jpg

地球温暖化について、10年前にも記事を書いていました→ここをクリック
関連記事
スポンサーサイト



20:33 | 地下鉄 東野・椥辻・小野 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
醍醐寺、上醍醐 | top | 謹賀新年2020年、円山公園

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1573-413a8643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)