ふらり京都、旅して日本 鶴岡1、鶴岡城跡
FC2ブログ

鶴岡1、鶴岡城跡

JR鶴岡駅
472.jpg
  
・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・

昨日今日と二日連続の雨。
でも寒さが和らいで過ごしやすくてよかったです。


・・・・・・・・・


記事は11月初めの山形県


酒田からの電車は羽越線を南下し、余目を経て、鶴岡へ
新しいフォルダー8


レトロな、いい感じの駅ですね。新潟の高田駅や大分の日田駅を思い出します。
472.jpg



474_2019120109542324f.jpg






・・・・・・・・・


479_20191201095422e78.jpg


駅からのメインストリートを少し歩いた後、右へ数分で、
480_2019120109542507e.jpg


山形大農学部。学生は1年次は山形市で、2年次以降はここで学びます。
新しいフォルダー (2)4


さらに町の中心へ。
494_20191201095428e44.jpg


NHK鶴岡放送局
495_20191201095429ce3.jpg





・・・・・・・・


お城に近づいてきました。
505_201912010955226bf.jpg


鶴岡は庄内藩の城下町
550_201912062024040c9.jpg


関ヶ原の戦の後、出羽国の大部分を最上家が領有しましたが、お家騒動で取りつぶしとなり、
551_201912062024051fc.jpg


1622年、酒井忠勝が庄内藩主として赴任、以後酒井家が幕末までこの地を治めました。
506.jpg


庄内藩は鶴岡の他、商業で栄えた酒田も含め、広い庄内平野を持ち、石高は14万石。
511_201912010955266b2.jpg


城跡内の神社の祭神は酒井家
512_20191201095528d24.jpg



514.jpg


江戸時代前半は財政が苦しかったようですが、北前船で栄えた酒田の本間家の助力もあり、財政は好転。
534.jpg


藩主の藩運営も順調で、1840年頃、親藩大名である武蔵国の川越松平家が、財政難を理由に領地替えを将軍に請うたものの、
新しいフォルダー (3)6



庄内藩主を慕っていた藩民たちが、幕府に直訴してそれを阻止したとのこと。こういうことは前代未聞だったそうです。
530_20191201095706573.jpg


近江商人の言葉に「三方よし」という言葉がありますが、
528_20191201095707b3b.jpg


殿様は、「自分よし、相手よし、周りよし」ということを心がけておられたんでしょうね。
新しいフォルダー (4)5


青空の下、とってもいい散歩ができて感激でした♪
543_2019120109571093b.jpg

関連記事
スポンサーサイト



19:59 | 山形 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
鶴岡2、致道博物館、致道館 | top | 酒田4、酒田大火・鳥海山

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1567-b8f738f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)