ふらり京都、旅して日本 札幌、旧北海道庁
FC2ブログ

札幌、旧北海道庁

札幌小樽 084
  
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・


11/3の大阪伊丹空港。ここから飛行機に乗りました。向かうは北海道。
札幌小樽 001



上の二つは函館、下のふたつは苫小牧
新しいフォルダー12



手前に支笏湖、そのむこう優雅にそびえるのは蝦夷富士こと羊蹄山
札幌小樽 024



さて千歳空港に降り立ち、電車で札幌へ
新しいフォルダー (2)8



駅前
札幌小樽 034



札幌小樽 035






・・・・・・


街を散歩。イチョウが色づいてきてます。
札幌小樽 040


この林の中に旧北海道庁
札幌小樽 036



新しいフォルダー (3)6



札幌小樽 051



赤煉瓦の旧庁舎は明治21年に完成。80年間北海道の政治の中心となりました。
札幌小樽 049



昭和43年に右後ろにできたビルに本庁を譲りました。
札幌小樽 042


昭和44年に国の需要文化財に指定。
新しいフォルダー (4)2





・・・・・・・・・・・・・


中に入ります。
札幌小樽 055


2階へ
札幌小樽 056


札幌小樽 064


旧知事室
札幌小樽 065

これが知事さんの机
札幌小樽 066


札幌小樽 067


歴代の長官、知事一覧。太平洋戦争が終わるまでは知事でなく北海道庁長官だったそうです。
札幌小樽 069


右側の横道さんは、知事の後、中央政界へ入られたので私も知っています。
札幌小樽 068



・・・・・・・・・


こちらの部屋は樺太関係資料館
札幌小樽 073



樺太は北海道とほぼ同面積あるものの寒さがきつく、現在でも人口は北海道の10分の1の50万人程度の島です。
札幌小樽 074



江戸時代まではロシア人と日本人が混在していましたが、いざこざも多く、
1875年に千島を日本の領土とするかわりに樺太はロシアの領土とする条約が結ばれました。




その後、日露戦争(1904~5)の日本の勝利にて、
北緯48度線以南の南樺太が日本の領土となり、多くの日本人が移住したものの、
第二次大戦の敗北(1945)で南樺太はロシアに返され、現在に至ります。
札幌小樽 075



江戸時代、半島か島かがわからなかった樺太を探検し、島であると証明したのが間宮林蔵
札幌小樽 076



日露戦争後の国境線。北緯48度線に沿います。
札幌小樽 079



鉄道も学校もありました。
札幌小樽 081



第二次大戦の終わりにロシア軍が侵攻、集団自決した日本人も多数いたとのこと。
札幌小樽 082



今回、樺太のことを初めて詳しく知りました。いつまでも平和が続いてほしいですね・・・
札幌小樽 084
関連記事
スポンサーサイト



人気ブログランキング→ここをクリック
06:04 | 北海道 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
札幌時計台、テレビ塔 | top | 佐渡8、幸福地蔵

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1494-351362ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)