ふらり京都、旅して日本 愛宕山、愛宕神社

愛宕山、愛宕神社

愛宕その2 009
  
・・・・
・・・・・・


梅雨も明けて、本格的真夏が到来の京都です。

・・・・・・・




さて私は海の日の連休の朝、京都最高峰の愛宕山(標高924m)を登りました。


嵐山の渡月橋から3㎞ほど北西にある清滝(きよたき)。
祇園祭愛宕山 126


清滝川を渡ると、
祇園祭愛宕山 128


すぐに登山道。目指すは山頂にある愛宕神社。道のり4.2kmで標高差800m。
新しいフォルダー4


愛宕山を登るのは中学校の時以来。
祇園祭愛宕山 134


新しいフォルダー (2)2


前半は坂がきつく階段になっている道をのぼりますが、
祇園祭愛宕山 137


後半はやや緩く、こういう山道を進みます。
祇園祭愛宕山 156






・・・・・・



祇園祭愛宕山 146


7合目あたり
新しいフォルダー (3)1

水尾への分岐点はちょうど4分の3のところ。
愛宕その2 056


この登山道、最初から最後まで愛宕神社の参道なんです。
祇園祭愛宕山 174


やっと見えた愛宕神社の門
祇園祭愛宕山 175



愛宕神社は西暦700年頃の創建とされますが、
平安時代が始まる少し前の781年、和気清麻呂によって中興され、
山頂に愛宕大権現を祀る白雲寺が建てられました。

以来、神仏習合の修験道の寺として栄えましたが、
明治維新の廃仏毀釈で寺は廃絶、愛宕神社となりました。


新しいフォルダー (4)1



主祭神は夫のイザナギとともに天から降りてきて、日本の国土と神々を生んだ女神・イザナミ。
祇園祭愛宕山 188


まだまだここから石段が。
祇園祭愛宕山 193


本殿到着。
愛宕その2 009

5000回も登った方がいらっしゃるんだ~
祇園祭愛宕山 209


イザナミは火の神・カグッチを生んだこともあり、副祭神としてカグッチも祀られていて、
ここでいただく火迺要慎(火の用心)のお札は京都の家々の台所によくおかれます。
新しいフォルダー (5)




・・・・・・・


帰りの5合目付近からの眺め。神々がここから京都の町を見守っていて下さるのですね。
愛宕その2 002


京都タワーも見えます。久しぶりの愛宕山、大感激でした♪
愛宕その2 003



関連記事
スポンサーサイト

京都人気ブログランキング
20:34 | JR 嵯峨嵐山・保津峡 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
愛宕ケーブル跡 | top | 嵐山、アジサイ2017

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1403-7ce58ff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)