ふらり京都、旅して日本 足尾銅山

足尾銅山

DSCN2877.jpg
  
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・



尾瀬から日光に戻って、今度は南方向へ車を30分ほど走らせると、わたらせ渓谷鉄道、通洞駅。
DSCN2935.jpg



ここにあるのは足尾銅山
DSCN2937.jpg



渡良瀬川にかかる道路橋
DSCN2934.jpg



DSCN2929.jpg







・・・・・・・・・・・



DSCN2850.jpg


トロッコに乗って坑道へ
DSCN2853.jpg


降ろされたのはこんなところ。ここからは足で歩きます。
DSCN2864.jpg



DSCN2870.jpg






・・・・・・・・・・・・・・・・



足尾銅山は江戸時代の初めに発見され、昭和48年に閉山。
DSCN2876.jpg


山の中に最長約6㎞の坑道が数百本掘られ、総延長はなんと1200㎞。
足尾4


江戸時代は手堀りでしたが、明治になると機械が使われだし急に産出が増え、
DSCN2877.jpg


下流に鉱毒が流れ農作物が育たなくなった足尾銅山鉱毒事件はとても有名。
足尾1

汗まみれの労働の後のお弁当にお茶、美味しかったでしょうね。
DSCN2887.jpg


DSCN2894.jpg


足尾3 (2)



・・・・・・・



坑道から外へ。江戸時代の寛永通宝も足尾銅山の銅で作られました。
足尾3


ここが実際に坑道に入るために使わていたトロッコ駅
DSCN2914.jpg


働いていた人々は毎日どんな気持ちでトロッコに乗り込んだのでしょうね。
DSCN2925.jpg


長年、名前だけ知っていた足尾銅山でしたが、実際にみることができ今回もとっても勉強になりました♪
DSCN2915.jpg






関連記事
スポンサーサイト

京都人気ブログランキング
21:43 | 栃木 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
足尾、わたらせ渓谷鉄道 | top | 尾瀬

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1349-fe2428e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)