名張、江戸川乱歩・観阿弥

1087_20160804065321cdb.jpg
  
・・
・・・・・・・・・・・


京都は夏、真っ盛り。

1年で最も暑い日が続きますね。


・・・・・・・・・・



さて記事は6月末の東海旅行のつづき


・・・・・・

志摩半島の賢島から近鉄にのってやってきたのは、三重県の名張(なばり)
1093_2016080206561286a.jpg





名張の地面を踏むのは生まれてはじめて
1083.jpg


駅の東側広場には、名張生まれで、日本の推理小説の礎を築いた江戸川乱歩(1884~1960)の像。
なばり3

日本で探偵といえば明智小五郎ですね。明智は江戸川乱歩が作った想像上の人物。
1087_20160804065321cdb.jpg


・・・・・・・・



西側広場には、
1022.jpg


観阿弥(1333~1384)。この伊賀で生まれ育ち、母の出生地であるこの名張で猿楽座を建て、
1074.jpg


後に京都で将軍足利義満の保護を受け、能楽を大成させました。
なばり4






・・・・・・・・・・・・・


街を歩きます。
1046_201608020657170f7.jpg


古い町並みの中に、名張藤堂家邸跡
1027.jpg


江戸時代、この名張を含め今の三重県のほとんどは津藩の藤堂家の領地でしたが、
藤堂高虎の養子であった高吉を始祖とするのが名張藤堂家。
1028.jpg


上級武士ながら2万石というのは大名並み。
なばり11  


1035.jpg



・・・・・・・・・・・・


お風呂屋さん。まさに昭和を感じます。
1048.jpg


商店街を抜けると名張川。下流では木津川となって京都府南部を通り、大山崎で淀川に合流して大阪湾へ。
1052.jpg



・・・・・・・・・・・・・


川の左手の小高い山は・・・
1053_20160802065723da9.jpg

宇流冨志祢神社(うるふしねじんじゃ)。主祭神は水、穀物の神・宇奈根命
1056_201608020658082a1.jpg



なばり21


名張の守護神とのこと。
1064_20160802065809d35.jpg


歴史が凝縮された、いい感じの町でした♪
1062.jpg
関連記事
スポンサーサイト

17:59 | 三重 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
伊賀鉄道、忍者列車 | top | 伊勢湾フェリー、賢島

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1334-d4b59433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)