静岡島田、大井川の渡し

CIMG4320.jpg
  
・・・・・・・・・
・・・・・・


6月1日の静岡、大井川その2。


金谷駅から東に向かって1.5㎞程歩くと、大井川橋。
CIMG4300.jpg 

なんと向こう岸まで1026m。大正から昭和の初めに作られ、日本土木遺産になっているとのこと。
ooi1.jpg

渡ります。
CIMG4305_20140619203006a83.jpg 

この日は水量が少なめなのかな。
CIMG4311_20140619203006f24.jpg 

北方向は日本アルプス。そう、大井川は南アルプスから流れてきます。
CIMG4318_20140619203005929.jpg 

CIMG4320.jpg


CIMG4321.jpg 






・・・・・・・・・・・・・



向こう岸に到着。長かった~
CIMG4324.jpg 


CIMG4327.jpg 


古くから、川の西側は金谷、こちら側(川の東側)は島田
CIMG4331.jpg 

桜並木
CIMG4333_2014061920312961b.jpg 


CIMG4334.jpg  


CIMG4339_201406192033005b3.jpg


この桜並木の道、実は江戸時代に作られた堤防ですって。
CIMG4338_20140619203301f00.jpg 


 
・・・・・・・・・・・・・


5分ほど歩くと、島田宿、川越遺跡
CIMG4337.jpg 

これは川会所。すなわち、渡しの料金を決めたり、川札(いわゆる切符)を売ったところ。
CIMG4336.jpg 


川札の料金はその日の深さで決まりました。
CIMG4351.jpg


東海道にはいくつもの大きな川がありますが、この大井川だけ江戸時代の始めから舟で渡ることが禁止されました。
shimada3.jpg  

なぜかというと、1602年に江戸幕府を開いた家康は、3年で息子に将軍を譲り、
shimada2.jpg 

1607年には駿府(今の静岡市)に移り、大御所として生涯暮らしました。
CIMG4372_20140619203543770.jpg  


そこで、駿府が大軍によって攻め込まれないようにするため、大井川の舟渡しは禁止したとのこと。
shimada1.jpg 

そして家康が亡くなった後、平和な世の中が続いても、ここには川渡しで生計をたてる人夫がとてもたくさんいたので、
幕末までこの人による川渡しが続いたとのこと。
 CIMG4385_2014061920354241c.jpg 



CIMG4340_201406192032592bf.jpg 


地図(クリックすると大きくなります)
CIMG4368.jpg 


今は川辺もすっかり公園に。
CIMG4359.jpg 

江戸時代の大井川の情景ってどんなのだったのかな。
CIMG4361.jpg 

この目で見てみたいですね♪
CIMG4363.jpg
関連記事
スポンサーサイト

京都人気ブログランキング
21:15 | 静岡 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
奈良、紫陽花の長谷寺 | top | 静岡金谷・大井川鉄道

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1154-6d0256c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)