盛岡・石川啄木

CIMG9038.jpg
  
・・・・・・・

11月に入り、秋らしくなってきましたね。

京都の木々、まずは桜の葉がオレンジ色になってきました。


・・・・・・・・・

さて、この夏の日本縦断旅行、8/28の夜に盛岡に到着、

すぐにお蕎麦屋さんでわんこそばを60杯頂きましたが、

わんこそばを食べるのは子供の頃からの夢だったので大満足でした。


・・・・・・・・・



ホテルで一晩眠ったあとの朝の散歩は盛岡駅から。もちろん、盛岡の町は生まれて初めて。
CIMG9095.jpg 


北上川。岩手県の内陸側の市はほとんどがこの北上川沿い。
CIMG9093.jpg 


西に見えるは岩手山
CIMG9089.jpg 





powered by 地図Z



・・・・・・・・・・・・・


CIMG8987.jpg 



CIMG9049.jpg


CIMG9056.jpg 



岩手銀行。いい感じですね。
CIMG9011.jpg 

去年(平成24年)までは支店として現役だったとのこと。
CIMG9005.jpg



・・・・



あの林は盛岡城跡
CIMG9012.jpg


CIMG9044.jpg 

上ると、結構高いです
CIMG9036.jpg 


ピンクのクローバー
CIMG9038.jpg 


現在天守閣はなく、城跡は公園に
CIMG9043.jpg 


東の山々
CIMG9030.jpg 



・・・・・・・・・・・・・・


町に戻ると、あれに見えるは石川啄木新婚の家
CIMG9059.jpg 

石川啄木(明治19年~45年)は盛岡の少し北にある
渋民村のお寺の子として生まれ、
盛岡の小学校、中学校に通いましたが、
十代半ばから短歌を雑誌「明星」などに投稿しました。

19歳で結婚し、盛岡で代用教員となりましたが、
貧しいので北海道で働くことを決意、
函館、札幌、小樽、釧路で記者などをしながら短歌を書き続けました。

22歳のとき、同じ中学の一学年上だった金田一京助を頼って東京に出て、
雑誌社に勤めたりしましたが、
結核を患い、27歳で生涯を閉じました。



CIMG9060.jpg 



「ふるさとの訛りなつかし停車場の、ひとごみの中にそを聴きに行く」
CIMG9067.jpg 


北行きの新幹線からみた岩手山。
啄木は北海道へ行くとき、この山を汽車の窓から見たのでしょうね。
どんな気持ちだったのかな・・・・・・
CIMG9103.jpg


関連記事
スポンサーサイト

京都人気ブログランキング
06:04 | 岩手 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
八戸1、八戸城跡 | top | 花巻・宮沢賢治

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1101-d4dba70e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)