ふらり京都、旅して日本 高知4、アンパンマンやなせたかし

高知4、アンパンマンやなせたかし

アンパンマンの作者、やなせたかしさんの故郷、香美市
CIMG7250_20131016043301dca.jpg
  
・・・・・
・・

びっくりです。

8月に行ったアンパンマンの作者・やなせたかしさんの出身地である、
高知県香美市の記事を書いていたら、
やなせさんが10/13に亡くなったというニュースが入ってきました。

94歳だったとのことです。
ご冥福をお祈りします。


・・・・・・・・・・・・・


高知駅から15㎞西にあるのが土佐山田駅
CIMG7245.jpg 


実は30年前に高知へ来た時、この土佐山田駅で途中下車して、散歩したんです。
CIMG7248.jpg





今回はレンタカーでまわったのですが、懐かしくて立ち寄ってみました。
CIMG7243.jpg 


土佐山田町は香北町、物部村と合併で、2006年に香美市に
CIMG7252.jpg 


やなせたかしさんは1919年の生まれ。

土佐山田駅から約10キロ北東の香北町の旧家に生まれましたが、
5歳で父と死別、母も再婚し、後免(南国市)の伯父に引き取られました。

そして高知市の中学校を経て、東京の美術学校に進学し、
20歳台前半に太平洋戦争を経験しました。

その後、三越の宣伝部で包装紙のデザインをし、
1953年、漫画家・絵本作家として独立。

1973年にアンパンマンを絵本雑誌に掲載、
1988年アニメ化され国民的大人気となりました。


CIMG7250_20131016043301dca.jpg 



アンパンマンはキャラクターが2000も登場するとのことで、
ギネスブックに載ったそうです。

そしてアンパンマンのいいところは、
正義の味方ながら、相手を殺してしまうのでなく、
やっつけながらも諭す(さとす)ところだと思います。

バイキンマンもドキンちゃんも実は仲間なんだっていうのが
根底にありますよね。




powered by 地図Z



また自分の顔を食べさせて相手を元気づけるなんていうのこそ、
本当の助け合いの精神をあらわしていますよね。

戦争を体験したやなせさんだからこそ書ける話なのかも。




・・・・・・・・・・


アンパンマンミュージアムへはここからバス
CIMG7251.jpg 


30年前と雰囲気は変わっていません。あのころはアンパンマンなんて知らなかったです。
CIMG7249.jpg 


「手のひらを太陽に」の歌は、やなせさんが1961年に作詞したとのこと。
CIMG7242.jpg 


「ミミズだって、オケラだって、アメンボだーって」 というところがやなせさんらしいですね。
CIMG7241_201310061337328c8.jpg 





・・・・・・・・


車で5㎞ほど西へいくと、
CIMG7254.jpg 


龍河洞という鍾乳洞(写真をクリックすると大きくなります)
CIMG7255_20131006133909c39.jpg 



CIMG7300.jpg


CIMG7258.jpg 


CIMG7262.jpg

洞窟は数キロ続いているそうですが、一般客が歩けるコースは約1㎞。
CIMG7279_20131017065825607.jpg




CIMG7275_201310061340271c8.jpg 


やなせさんもここへ来たんでしょうね。
アンパンマンがマントで空をとぶのは、ここで飛ぶコウモリから連想したのかも。
CIMG7288.jpg 


やなせさん、今まで、本当にごくろうさまでした。
CIMG7287_201310061340279e1.jpg  




関連記事
スポンサーサイト

京都人気ブログランキング
06:50 | 高知 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
高知5、ごめんなはり線・高知空港 | top | 高知3、土佐電鉄

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1097-fe0563e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)