会津若松1、「八重の桜」

今年(平成25年)の大河ドラマ「八重の桜」の舞台・会津若松、鶴ヶ城
CIMG8683.jpg
  
・・・・
・・・・・・


8/27、福島県の猪苗代湖を訪れた後は会津若松へ。
CIMG8554.jpg 


町の中心の商店街
CIMG8516.jpg 


世界中にたくさんの町がありますが、
なぜか自分の好きな町ってありますよね。

私にとっては高校の修学旅行で訪れた札幌、函館、
20歳代のころ数年暮らした高松、
映画「転校生」の尾道、
受験や研修で滞在した北九州、
大人になって旅行で行ったロンドンやメルボルンなどすね。

私と同世代の松田聖子さんやチェッカーズの生まれ育った久留米もお気に入り。


・・・・・・・・・・


夕食は山菜そば。
CIMG8517_2013092307162632c.jpg 



子供の頃、家にあった野口英世の伝記を愛読していましたがが、
その彼が若いころ暮らしたこの会津若松も、
昨年初めて訪れてから、とっても好きになり、
今年も是非来たいと思ってやって来ました。





powered by 地図Z



・・・・・・・・・・

青春広場の奥に立っているのは野口英世像
CIMG8519_20130923071628fd2.jpg 

英世が手の手術を受け、その後、書生として3年過ごした会陽医院跡(今はカフェ)
CIMG8529.jpg 

いつの間にかあたりは真っ暗
CIMG8537.jpg 

今年の大河ドラマ「八重の桜」はこの会津若松が舞台。
幕末の会津藩のことはあまり知らなかったんですが、
ドラマをみてたくさんのことを知り、毎週とても楽しみに見ています。
CIMG8562.jpg 





・・・・・・・・・・・・・・


翌朝の鶴ヶ城の堀
CIMG8675.jpg 


「八重の桜」のあらすじは以下の通り。



会津藩の大名は将軍の親戚にあたる松平容保(かたもり)。
討幕派が暗躍し、治安の乱れた京都の警護を幕府から一手に任され、
容保と一緒に約千名の会津藩士が京都に滞在しました。


ところが会津藩はただ幕府の命令で京都を護っているだけなのに、
長州・薩摩などの討幕派は会津藩を目の敵にしました。


やがて幕府は倒れ、容保と会津藩士は会津に戻りますが、
反天皇の汚名を着せられた会津は、新政府軍に攻められ、町を焼かれ、
鶴ヶ城はたくさんの銃弾、砲弾を受け、落城しました。



主人公の八重は会津藩の鉄砲指南役の武士の娘で、
自分も鉄砲をもって戦いますが、
落城後は京都で新島襄と出会い結婚し、
日本初のキリスト教を基礎とする学校・同志社を設立することとなります。





powered by 地図Z




お城の近くには新島八重とその兄・山本覚馬の生誕地
CIMG8667.jpg 


その近くには藩校・日新館の天文台
CIMG8655.jpg


・・・・・・・・・・


お城の中へ
CIMG8679.jpg 

日本をいろいろ旅行しますが、どこの町も私の暮らす京都と何かつながりがあるんですね。
CIMG8678.jpg


そのつながりが見つかった時って、とてもうれしくなります。 
CIMG8682.jpg   

 
CIMG8683.jpg




京都と会津のつながりは幕末以外にもあります。


安土桃山時代、千利休は、秀吉に切腹を申しつけられましたが、
利休の後妻の子・千小庵は、この会津の大名・蒲生家のもとでかくまわれました。

約3年で京都へ戻ることを許され、千家を再興、
小庵の子・宗旦が引き継いだ後、
宗旦の二男、三男、四男がそれぞれ武者小路千家、表千家、裏千家を興し、
現代でも日本の茶道の中心となっています。


これが天守閣のすぐそばにある小庵が作った茶室「麟閣」
CIMG8713.jpg 


CIMG8727.jpg 


・・・・・・・・・


お城にのぼります。庭の右奥が「麟閣」
CIMG8708.jpg 


お城の一番上から見た会津の町と会津盆地。
去年も見た景色なのですが、この日もとっても、すがすがしかったです♪
CIMG8702.jpg
他の京都関係ブログはこちら→BLOG RANKINGimage0036.gif








関連記事
スポンサーサイト

21:44 | 福島 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
会津若松2、白虎隊の飯盛山 | top | 台風後の嵐山、萩

Comments

# こんにちは~
会津ですかぁ。
映画館の予告でも会津観光PRものがやっていますよ★

野口英世もここ出身とは知りませんでした。
医院がいい感じのカフェになっている・・・なんてそそられますねぇ。
by: 玉鬘◆たまかずらさん | 2013/10/03 12:36 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1091-8bef66e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)