大分、滝廉太郎

CIMG7588 (2)
  



・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮崎県の延岡から特急にのって北へ
CIMG7569.jpg 
2時間で大分に到着
CIMG7631.jpg


CIMG7633.jpg 




powered by 地図Z



・・・・・・・・・・・・・・・・・

にぎやかな街です。
CIMG7622.jpg 

大分市の人口は48万。周辺を含めた都市圏人口は70万。
高度経済成長時代から大工場が進出し、急速に発展してきたそうです。
CIMG7623.jpg


CIMG7596.jpg   CIMG7595.jpg 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しばらく歩くとお城
CIMG7601.jpg 

かつては豊後の国の国府がおかれ、府内と呼ばれたとのこと。(写真クリックで拡大)
CIMG7603.jpg 


天守閣はなく、堀と塀の中は最近たてられた建物と広場
CIMG7602.jpg

サギかな。
CIMG7615.jpg 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう少し歩くと滝廉太郎の史跡
CIMG7585 (2) 


廉太郎は明治12年東京生まれ。
父が国の役人だったため、転居を繰り返し、
神奈川、富山を経て、10~15歳をこの大分で過ごしました。

15歳で東京音楽学校に入学、
当時、西洋音楽を取り入れたばかりの日本で、
作曲とピアノに天才的才能をあらわし、
「ハトぽっぽ」「お正月」「箱根八里」「荒城の月」などを作曲

22歳でドイツに留学しましたが、結核を発症、
この大分に戻って療養、23歳で生涯を終えました。


・・・・・・・・・・・

年譜(写真クリックで拡大)
CIMG7584.jpg 

「鳩ぽっぽ」「お正月」が滝廉太郎の作曲だなんて初めて知りました。
でも23年の人生だなんて、もっとやりたいことがあったでしょうね・・・・・
CIMG7588 (2)
他の京都関係ブログはこちら→BLOG RANKINGimage0036.gif



関連記事
スポンサーサイト

京都人気ブログランキング
08:38 | 大分 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
宇佐神宮、応神天皇 | top | 延岡、宗兄弟

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1007-98011aca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)