天孫降臨・霧島神宮

天の神アマテラスの孫・ニニギが日本を治めるために降り立った高千穂の峰
CIMG7250.jpg
  

・・・・・・・・・・

鹿児島その7。

桜島を右手に見ながら日豊本線・特急きりしまに乗って鹿児島市を後にします。
CIMG7175.jpg 

50分ほどで霧島神宮駅に到着
霧島駅 

霧島神宮駅
CIMG7191.jpg 

駅前の橋にはサルタヒコ。ニニギが天から降りてくるときの道案内をしました。
CIMG7255.jpg 


このブログを初めて5年以上たちますが、いろんな神社をまわるうちに、
日本神話にとても興味を持つようになった私。

アマテラスの孫・ニニギが鎮座されている霧島神宮は、
日本の神話上、最重要神社の一つ。

だから是非是非来たかったのです。




powered by 地図Z


・・・・・・・・・・・・・・


バスにのって目指すは高千穂の峰のふもとにある霧島神宮
CIMG7196.jpg 
約10分で神宮前に到着。「日本発症の地」ですって。
CIMG7241.jpg


 ・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて日本神話は以下の通り。

天から降りてきてこの日本を造ったのはイザナギイザナミの夫婦神。
妻・イザナミは火の神を生んだ時に火傷を負って亡くなりました。

イザナギは妻を探しにあの世へいきますが、そこで見たのは恐ろしく変わり果てた妻。
急いでこの世に帰ってきて身を清めるために顔を洗ったとき、
目からうまれたのが天の女神アマテラス、鼻から生まれたのが海原の神スサノオ

乱暴者のスサノオは天を追われますが、
出雲の国でヤマタノオロチを退治し、出雲の国に宮殿を立てます。

やがてその子孫であるオオクニヌシが世を治めました。

しかし天の神々の話し合いで、天の神の子孫こそがこの世を治めるべきとなり、
オオクニヌシは出雲大社で隠居し(オオクニヌシの国譲り)、
アマテラスの孫・ニニギがこの高千穂の峰に降り立ちました(天孫降臨)  。

それからも平和な世が続きましたが、
ニニギのひ孫・カムヤマトイワレヒコがこの高千穂を旅立ち(神武東征) 、
今の奈良の橿原市付近へ行って都を造り、神武天皇として即位しました。


今もイザナギは滋賀の多賀大社、アマテラスは伊勢神宮、スサノオは京都の八坂神社、
オオクニヌシは出雲大社、そしてニニギはこの霧島神宮にいらっしゃることになっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・


神社の参道に入ります。
CIMG7201.jpg

坂本竜馬も新婚旅行できたそうな。
CIMG7205.jpg 

展望台から見えるのは高千穂高原
CIMG7206.jpg 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さらに進みます。すごく交通が不便なところながら、参拝の方は多いです。
CIMG7207.jpg 

CIMG7225.jpg 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本殿。キラキラに輝いています。
CIMG7213.jpg 
おっきい木だなあ~
CIMG7215.jpg 


CIMG7221.jpg 


どんなところか想像だけだった霧島神宮。本当に来れて大満足♪
CIMG7218.jpg
他の京都関係ブログはこちら→BLOG RANKINGimage0036.gif

関連記事
スポンサーサイト

17:33 | 鹿児島 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
都城 | top | 桜島

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://jeanpaul1970.blog87.fc2.com/tb.php/1002-919f639f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)